山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2015-12-07

Top / FrontPage / 2015-12-07

Tag: キーワード1 キーワード2

五竜岳・遠見尾根


年末の剱岳へ向けてのラッセルトレーニングとして五竜へ足を延ばした。


essential-line

ゴンドラを降りて、斜面へ取り付くと新雪がしっかりとあって期待通りラッセルすることができた。

シーズン初めのラッセルは足が重い。


essential-line

小遠見山へ着く頃、辺りを覆ていたガスが晴れ、周りの山々が姿を現した。


essential-line

ここから進路を変えて五竜岳方面へ向かう。

途中、雪山では信じられないほど(20人くらい)の団体とすれ違い、ここよりしばらくトレースばっちりとなる。


essential-line

鹿島槍の北壁が威厳を持って立っている。


essential-line

翌朝、テントを出るとまぶしい朝日が迎えてくれた。


essential-line

しばし時を忘れて、移りゆく景色の変化を楽しむ。
風もなく、絶好の登山日和となった。


essential-line

無垢な雪面にトレースを刻む。

雪は適度に締まっていて、深いラッセルは強いられなかった。


essential-line

五竜岳山頂直下はやや傾斜を増した雪面を駆け上がる。

下りのロープウェーの最終時刻との戦いはすでに始まっている。


essential-line

正月に立つ予定の剱岳を目前に望むことができた。

そしてどこまでも長く険しく続く、北方稜線の峰々が…。


essential-line

思いがけず快適な登頂となった。


コメント


認証コード(1975)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional