山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

calendar FrontPage/2011.04

Top / FrontPage / 2011.04

<< 2011.4 >>
[FrontPage]
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2011/4/29 (金)

尾瀬・景鶴山

尾瀬の景鶴山へいってきました。

景鶴山は日本300名山に選ばれていることもあり、尾瀬ヶ原を歩いても普通なら目もくれられない存在であるにも関わらず、
GWのひとときは多くの登山者を迎えます。

厳冬期は雪が深く困難で、夏は藪に覆われるからです。

一応、国立公園内ということで本来立ち入り禁止なのですが、残雪の上を歩くので植生を痛めないということで黙認されている状況です。

なかなか近づかない燧ケ岳…
GWということで鳩待峠駐車場は満車。
何とかスペースを見つけ山の鼻へ降りていきます。

桧枝岐小屋では本日オープンということで夕食にビールが振る舞われました!

山小屋は満員御礼で多くの人が明日景鶴山へ向かうようでした。

どんどん登る!
東電尾瀬橋を渡り笹山~与作岳~景鶴山と尾根をたどります。
トレースばっちりでやや拍子抜けですが、尾瀬ヶ原をバックに高度を稼ぎます。

宝剣岳みたい…
尾瀬ヶ原からはなだらかに見えた景鶴山も与作岳方面から見ると尖がっています!

狭い山頂でパチリ
山頂直下の雪壁を越え!?(今回はバケツが出来上がっていた・・・)

無事景鶴山到着!! 背後に平ガ岳が大きい!

南面は岩壁である
南会津・奥利根の山々が一望です。 大水上山から巻機山の稜線も見えました。

テントを使えば至仏山~平ガ岳、そして大水上山へ縦走できます。
いつかは行きたいコースだな~。

天気がよければ大白沢山~ススヶ峰あたりまで縦走しようと考えていましたが、
天候悪化の兆しがあるため尾瀬ヶ原へ下ります。

ケイヅル沢下降
傾斜と雪質を考慮してケイヅル沢を下降しました。

ケイヅル沢下降終了
下りはあっという間。
 
あとは黙々と尾瀬ヶ原を歩きました。う~ん。尾瀬は広い!


コメント


パーマリンク

2011/4/24 (日)

むささびルート

小川山の烏帽子岩・「むささびルート」を登ってきました。


はじめていくエリアなので不安でしたが何とか登っていくと・・・。

画像の説明
1ピッチ目は普通に登れたが…。

画像の説明
2ピッチ目では非常に苦戦! 5.9のはずだが・・・。

これは目的のルートでは無い!!

画像の説明
どうやら全然ちがうルートを登っていたようだ!

右に見える岩場が目指す「むささびルート」だろう。

上部にイタチクラックらしきものも見える。


萎える気持ちを抑えつつ転戦。

画像の説明
下部ピッチは支点がゆるいハーケン、ぐらぐらのRCCボルトとルートの難易度よりも精神的難度が高い!

最終ピッチは快適ないたちクラック。


ミツ君魂のクライミングが見れました!


コメント


パーマリンク

2011/4/21 (木)

若見山

栃木の塩原にある若見山へ行ってきました。

大変マイナーな山ですが、栃木百名山にも選ばれており、イワウチワの群落があるので近年注目を集めています。

雪に眠るイワウチワ
しかしこの日は季節外れの雪の後でイワウチワも沈黙気味。

そもそも今年は三月が寒かったので開花は10日以上遅い気がします。

ようやく咲いたイワウチワ
それでも咲きはじめの花を見ることができました。

見ごろは4月下旬から5月はじめではないでしょうか?

一面に花が咲く姿は圧巻です。

山頂までも1時間半ほどなので気軽に登れます。

でも山頂直下は急坂なので頑張りも必要ですよ!


コメント


パーマリンク

2011/4/20 (水)

さらば「てふてふるんるん」

ついにその時がきた。

長年暮らしてきた国分寺に別れを告げる時が。

そして「プラザてふてふるんるん」を去る時が!

下書きは消しましょう!
大家さん自作の看板。

なんでも大相撲の番付表などに使われる江戸文字を習いに行って描いたとか…。


思えば「てふてふるんるん(以下てふてふ)」は私たち夫婦に多くの試練を与えてきた。


筆頭は「鼠小僧大捕物」である。

深夜ネズミちゃんたちが暗躍し柱や電気コードをかじりまくるのである。
当然、我が家ではネズミ取りなど様々な対策をたてたが、おさまらない。

おおもと(たぶん1階)を絶たなければ駄目だろうと1階に住む大家さん
に嘆願した。

すると数日後、こんな手紙が届いていた。

「 斬奸状  去る某月某日。かねてより市中を騒がせていた鼠小僧一匹捕え申し候。
  数々の悪行三昧ゆるすべからず。
よって右の者、市中引き回しの上、三日三晩寒風に晒し、打ち首獄門に処す…これにて一件落着」

とのこと。

当然、一匹捕まえたところで事態は終息せずしばらくネズミとの格闘は続いたのでした。

画像の説明
ログハウス調の内装。

そのほかにも

● 雨漏り
● 水漏れ
     ● 蟻の大群襲来

などなど次々と難事件がやってきたのでした。

画像の説明
なぜか螺旋階段。 大きな荷物は通りません。

そんな思いでも過ぎ去ってしまうといい思い出?となり愛着もわいていました。
窓からは畑が見渡せて、その向こうに小川がながれ春には満開の桜をめでることができました。

よくも悪くも印象深いアパートでした。

引っ越しのために手すりが外されています。大きな荷物は螺旋階段を通れない為!
アールデコ調(大家さん曰く)の外観。

これからは羽村市(村ではなく市)で新生活が始まります。
よりいっそう仕事に遊びに邁進したいと思います。

これからもみなさんよろしくお願いします。 


コメント


パーマリンク

2011/4/17 (日)

宝剣岳・サギタル東稜

東京から行ける日帰り雪山バリエーションということで、
中央アルプスの宝剣岳のサギタル東稜を登り、宝剣岳へ縦走しました。

サギタル東稜についての情報はほとんどありませんでしたが、
それほど難しくはなさそう(イメージ)だったのでとりあえず行ってみました。

千畳敷からサギタル東稜を見上げる
バスとロープウェイを乗り継ぎ千畳敷に到着すると真っ先に宝剣岳が目に入りますが、
その左に宝剣岳の弟分のようなサギタルの頭が目に入ります。

今回は千畳敷からサギタルの頭へダイレクトに突き上げるサギタル東稜を登りました。
頂上直下の3ピッチほどが雪壁&岩稜となっています。

サギタル東稜・1ピッチ目
千畳敷ホテルを眼下に登ります。

ダケカンバが現れ、急傾斜になるあたりからロープを出しました。
高度感が心地よい。

サギタル東稜・2ピッチ目
一応核心の2ピッチ目の岩稜帯です。

岩にベルクラが張っていてやや嫌らしいが、傾斜は強くないので安定して登れます。

サギタル東稜・3ピッチ目
最後は南アルプスをバックに雪稜を登るとサギタルの頭へ飛び出ます。

千畳敷からは標高差が300mに満たないコンパクトさですが、ロケーションは最高。

稜線にでると御嶽山から乗鞍岳・北アルプスが見渡せます。

宝剣岳
宝剣岳はすぐ隣にそびえています。 堂々とした風格。

サギタルの頭から宝剣岳・乗越浄土は嫌らしいトラバースもあり、少々緊張する個所もあります。

実際、昨日も宝剣沢で滑落者がいた模様。
ロープウェイで気軽にアプローチできるかわりに経験不足の方も多く登っているようです。

アプローチ容易でも山は一級です。

今回登ったルートは岩も固く、それほど困難な個所もないので
宝剣岳に登る際のアクセントとしてちょうどいいのではないかと思いました。

難易度や雰囲気は阿弥陀岳北稜をコンパクトにまとめた感じといえるでしょう!

無風快晴で暑い一日でした。


コメント


パーマリンク

2011/4/13 (水)

仙人ヶ岳


安蘇山塊の仙人ヶ岳へ行ってきました。


安蘇山塊とは渡良瀬川左岸から栃木県上都賀郡・安蘇郡、鹿沼市に広がる山地を指します。

標高は高くなく1200mから300mくらい。しかし低いと思って侮っていると痛い目に合う。
チャートという岩質の岩場が各所に現れ意外に険しい。

逆に岩好きの人には低山だけどアルペンムードが漂うお買い得な山域である。
東京からもそれほど遠くなく通いやすい。


今回は足利と桐生にまたがる仙人ヶ岳へ登った。

仙人ヶ岳へは何度も登っているが、沢筋の花の多さは特筆すべきものがある。
春になるとその花々に誘われ足を向けることになる。

この度、北関東自動車道が繋がった恩恵でアプローチが30分短縮されさらに行きやすくなった。

山笑う
山は新緑が芽吹き始める素晴らしい季節を迎えていた。

若葉の芽吹くひとときは最高の季節といえるだろう。
草花も次々と花開き我々を飽きさせない。

岩切登山口
岩切登山口からの道はせせらぎを追いかけるように続いている。
両脇は多くの花に埋められていた。

主役はやはり「ニリンソウ」であろう。 白いじゅうたんが続く。

ヤマルリソウ
他の山では珍しい「ヤマルリソウ」がここでは群落をなしている。
淡い青が涼やかである。

トウゴクサバノオ
「トウゴクサバノオ」は「ニリンソウ」の隙間を埋めるように群がっていた。

エイザンスミレ
「エイザンスミレ」も大きな花をたくさんつけている。
スミレ界(あればだが…)の人気ナンバーワンである。

ヒトツバエゾスミレ
こちらは珍しい「ヒトツバエゾスミレ」。
「エイザンスミレ」が単葉化した変種である。

ちなみに「ヒトツバエゾスミレ」の白花が「ナルカミスミレ」である。 ややこしい。

春紅葉
新緑にはさまざまな色がある。 山桜や楓は芽吹いた直後は赤い。

新緑のことを「春紅葉」と呼ぶひともいるようだ。

淡い色合いで織りなす柔らかな紅葉である。


コメント


パーマリンク

2011/4/12 (火)

古賀志山・中尾根~鞍掛山


低山ながら岩場が盛りだくさんの古賀志山へ行ってきました。


宇都宮市民に親しまれているこの山はメジャーなコースのほかに無数に登山ルートがあります。

その中でも適度な岩場の続く中尾根ルートから登り、古賀志山の山頂を踏んだのち鞍掛山までの縦走路を歩きました。

中尾根
中尾根の鎖場です。随所に岩場が現れますが、巻きみちも多くエスケープできます。

登るラインどりによって難易さまざま選べるので、レベルに応じて歩けます。
もっとも一番易しいラインを選べるかどうかは経験値も必要ですが。

古賀志山・西尾根
途中、険しい西尾根の向こうに日光連山が白く輝いていました。

登山道には平日というのに多くの人が歩いていて、人気ぶりがうかがえます。

アカヤシオ
稜線にはアカヤシオがさきはじめていました。
開いている花と蕾は半々くらいでした。

これからミツバツツジ、ヤマツツジとどんどん咲き始めることでしょう。

大岩より古賀志山を振り返る
鞍掛山までは無数のピークを越えていきます。

途中、分かれ道も多いので読図も必要。 藪はうるさくなく快適な道。

鞍掛山の先の大岩は大展望が広がります。

背後に遠く古賀志山の山頂が見えています。
500m級の低山ながら充実度満点の縦走コースでした。

休憩していると、ゆらゆら揺れました。
またもや地震の模様。 もうそろそろおさまって欲しいものです。


コメント


パーマリンク

2011/4/10 (日)

送陽邸

屋久島縦走で永田へ下山し、宿泊したのは送陽邸という宿です。
今回の客は我々のみで貸切でした。

台風で屋根が飛ばされないように石が乗ってる
ここは永田浜を望める宿で屋久島の古民家を移築しています。

浜まで10秒
ここの魅力は美しい永田浜と沖合に浮かぶ口永良部島、沈む夕陽、広々としたお部屋。
お部屋の前にはぜいたくすぎるほどのデッキがあります。

いい湯です
波打ち際にある洞窟風の露天風呂。
茶色い色の鉱泉です。

広いデッキ。贅沢な空間
朝食は目の前に大海原が広がるデッキで心地よい風に吹かれながら食べました。
青い体に赤いお腹のイソヒヨドリがきれいな声でさえずっていました。

夕食時にご主人から聞いた屋久島の昔や岳参りの話はとても面白かったな~。
やっぱりガイドブックなどにはない土地の人の本音が一番です。

「昔はウミガメの卵をよく食べたんだけどね~、種子島の奴らはウミガメそのものをたべてたよ~」なんて。

もちろん昔のはなしです。


コメント


パーマリンク

2011/4/8 (金)

屋久島大縦走

屋久島のマイナールートを探索してきました!

天気はまずまずでほとんど雨に降られることはありませんでしたが、
標高の高い山の上はまだ朝晩は寒く、残雪も豊富に残っていました。

                   行程は

                   1日目:羽田AP=鹿児島AP=鹿児島港=〈トッピー〉=宮之浦(民宿泊)
                   2日目:宮之浦=ヤクスギランド…〈花之江河歩道〉…大和杉…石塚小屋
                   3日目:石塚小屋…花之江河…黒味岳…宮之浦岳…永田岳…鹿ノ沢小屋
                   4日目:鹿ノ沢小屋…七つ渡し…桃平…岳ノ辻…永田橋…送陽邸
                   5日目:島内観光=安房港=鹿児島港=鹿児島空港=羽田空港
  

苔むす屋久杉
縦走初日はヤクスギランドから石塚小屋へ花之江河歩道を歩きます。

花之江河歩道は歩く人が少なく整備もあまりされていません。

赤布はついていますが、地形が複雑で倒木も道をふさいでいる個所が多いのでルートファインディングが必要です。

全体的にヤブっぽく、踏み跡は明瞭ですが腰をかがめて枝をくぐらなければならない箇所が多くあります。

それから所要時間が昭文社のエアリアマップでは5時間10くらいですが、実際は6時間30くらいかかります。

特にヤクスギランド⇒大和杉が2時間となっていますが、実際は3時間はかかるでしょう(普通の歩行スピードで)。

渡渉点は平水時は靴を濡らさずに渡れますが、増水時は渡渉は困難でしょう。
沢床が岩盤なのですぐに水位は上がると思われます。


石塚小屋は20名程度宿泊可能ですが、結構湿っぽい。夜はカワイイねずみが出没するので食糧に注意!

水場は花之江河方面に5分行けば大岩の下から出ています。

大和杉
縦走路からわずかに下った位置にある大和杉。
風格が漂う屋久杉です。

花之江河歩道
苔に覆われた杉の巨木が辺りに林立しています。

迷路のように複雑な地形が続き読図も難しいところ、赤布に助けられます。

小屋近くからは残雪が現れ始めました。

小屋に入るとあられが猛烈な勢いで降り出し、あっという間に地面が白くなりました。

屋久鹿
縦走2日目は宮之浦岳へ向かいます。

途中、立ち寄った黒味岳では屋久鹿の親子が出迎えてくれました。

永田岳
宮之浦岳へ着くとガスが晴れて目指す永田岳が姿を現しました。
山容としては屋久島の山の中でも一番秀麗な山ではないでしょうか?

画像の説明
永田岳山頂からは明日のゴール地点である永田浜を見下ろします。
はるか彼方にマリンブルーの海が見えます。 遠い…!

心地よい笹原
永田岳から鹿ノ沢小屋へ下ります。

東シナ海を見ながら気持ちの良い道です。

口永良部島が大きく見えます。

ここの下りは笹に隠れた落とし穴がたくさんあるので注意が必要です!
景色に見とれているとかなり危険。

ローソク岩
途中に見えるローソク岩。
この辺は関東にあったら小川山のように開拓されるのでしょうが、地理的な要因で原始の姿が保たれています。

障子岳
屋久島の岩峰・障子岳。本州でいうところの瑞牆山といえるでしょう。
ここにも気合の入ったクライマーがルートを切り拓いています。

東京に住むものにっとっては海外よりも遠いルートでしょう。

雪がいっぱい!
灌木帯へ入ると、豊富な残雪があり雪に倒されたシャクナゲが道をふさいでいます。
沢状にえぐれた道に積もった雪は小さなスノーブリッジを連続させていて、何度踏み抜いたことか…。

猛ヤブ&スノーブリッジの連続。今回で最も困難な個所でした。

ルートも不明瞭で道を探しながらの下降となりました。
ここでは普段から養っている野生の勘が頼りです。

たどり着いた鹿ノ沢小屋は静かな森にたたずむ別天地。

山に抱かれた良い小屋です。水場は近いがトイレは遠い。
今回は遠い上にヤブ漕ぎが必要!(雪が灌木を倒しているので)

雲に隠れているのが永田岳です
ゴールの永田橋から永田岳を見上げます。

昨日はあそこにいたなんて信じられません。


懸案の永田歩道は果たしてどうだったでしょうか?

ヤクスギランドの管理人や通りがかりの人々ほぼすべてにあそこはやめたほうがいい
とか雪がたくさん残っていて厳しい、なんて言われ続けましたがめげずに歩き通しました。

感想はすごくいい道。いろんな意味で…。

鹿ノ沢小屋から桃平までは残雪豊富でまたもやヤブ漕ぎ。ここで迷う人も多いかもしれません。

渡渉は今回は容易でしたが、当然増水時は無理でしょう。

永田歩道を登りにとる場合は最後のほうに渡渉点があり、引き返す時間もないのでリスクがあります。

その時は姥ヶ岩屋でビバークしましょう。快適な夜が約束されます。
水だけはどこかで確保する必要があります。

その先は多少ヤブが元気ですが、道はしっかりしています。赤布もうるさいくらいに豊富。

百名山ハンターには廃道に感じるかもしれませんが、
越後や会津、東北の山を闊歩している方々にはいたって普通の登山道といえるでしょう。

のっぽ屋久島初上陸

地形図とエアリアマップの地名に違いがありますが、土地の人に言わせるとどちらも間違っているそうです。

地名は気にせずに地形図の等高線を頼りに行ったほうがよいでしょう。


エアリアのコースタイムも間違いがあります。

岳ノ辻から永田歩道入口まで標高差1200m程度の下りに4時間30はかかりようがありません。
賢明な方なら行かずともわかることですが…。


それなりの登山経験を持っている方なら問題なく歩けますので、もっと歩かれていいルートだと思いました。

ただし夏はヒルがいるので避けられているのかもしれませんね。

登山初心者は当然、不可です。迷います。

コースタイムが長いので迷ったら即ビバークです。

ここでいうOKな人は地形図が読める。ヤブ山を歩いたことがある。
道標が皆無な山を歩ける。幕営装備を持って10時間くらい歩ける体力がある。
天候判断ができるなどの要素をもった方です。

永田浜
フィナーレは永田の美しい海が皆さんの縦走達成を祝福してくれるでしょう。

夜はもちろん三岳で乾杯しました!


コメント


パーマリンク

2011/4/3 (日)

高校野球

今日、選抜高校野球の決勝戦が行われ、神奈川の東海大相模高校が優勝しました。

大会を通しての感想はやっぱり開催して正解だったということです。

さまざまな分野での大会やイベントが自粛されていますが、
こういう時こそみんなが元気になれるスポーツなどを行っていく必要があると思います。

その中で、震災復興にむけての意識を高め一丸となることが大事だと思います。

得に高校球児のひたむきな姿は、被災地の方々へ元気と勇気を与えるでしょうし、
観戦している一時でも災害のことを忘れられる貴重な時間になるのではないでしょうか。

この大会で最も感動した瞬間は開会式の選手宣誓の一幕でした。

創部まもない高校の主将の言葉は被災地の方々、また日本全国のみんなに響いたことでしょう。

              

コメント


パーマリンク

2011/4/1 (金)

子持山・獅子岩南壁

最近、掘り出し物のいいルートと評判の子持山・獅子岩南壁へ行ってきました。

画像の説明
登山口付近の屏風岩直下のお宮には神秘的な氷の塊が現れていました。
オーバーハングした庇から滴り落ちる水滴が固まって山のように盛り上がっています。

画像の説明
しばらく登ると獅子岩が姿を現します。
今回登るのは左のピーク上の右にある黒ずんだフェース。

画像の説明
スラブ&フェースの易しいクライミングがつづきます。

グレードはどのピッチも5.8~5.9くらいでしょう。

各ピッチともそれなりの核心部を持っていて飽きさせません。
岩は固く支点も十分すぎるほど整備されています。

ロケーションも最高。赤城・榛名や高崎の市街を望めます。

だいたい5~6ピッチくらいで獅子岩のてっぺんに上がることができます。
60mロープであれば4ピッチでも可能でしょう。

ラインもおおむねまっすぐなのでシングルロープでもOK。

懸垂を考えるとダブルが楽かもしれませんが。


今回は一般的な道をたどって取付きへ向かいましたが、屏風岩の上から尾根筋をたどる道を登ると
獅子岩と南壁が正面に一望できる展望台のようなところがあるので登る前に見ることができます
(ただしここから見ると大迫力の岩壁なのでややビビる)。


こんなルートが他にもたくさんあると楽しめますね。


コメント


パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional