山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

calendar FrontPage/2012.10

Top / FrontPage / 2012.10

<< 2019.11 >>
[2012107]
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2012/10/22 (月)

岩菅山から切明温泉へ

最高の紅葉と天気が一度にそろうことはめったにない。

天気は良くともその場所に足を運ばなければ出会えない。


essential-line

秋の澄み切った青空は彩りを増した樹々が最も美しく映えるキャンパス。

志賀高原の秋はここにきて極みを見せていた。

essential-line

ノッキリから望む岩菅山の雄姿

澄み渡った空に遥か先の山々まで遠望できた。

浅間山の彼方に富士山の頂が!!


岩菅山は志賀高原を代表する山。

最高峰の横手山への稜線の西側はハイキングコースが整備され、
スキー場が覆い、道路が張り巡らされ、ホテルが立ち並ぶ一大観光地となっている。

それに対し、東側や北側は深い自然がありのままに残されている。

岩菅山から裏岩菅山、烏帽子山にかけては2100mから2200m圏の稜線が4キロにも及ぶ。

その縦走路は以前から気になっていた。


essential-line

裏岩菅山へかけてはたおやかな笹の稜線が続く。

素晴らしい展望の稜線歩き。

essential-line

中岳から烏帽子山にかけての痩せた稜線。

交通の不便さからか、この稜線を歩く人は極めて少ない。

生い茂るネマガリタケに飲み込まれそうな登山道。

地元の方の手入れなしでは歩けない道。その苦労に感謝しながら歩く。

essential-line

笠法師山を過ぎると稜線は切明温泉のある魚野川の谷底まで一気に高度を落とす。

眼下に黄葉の海を見下ろしながらの下降。

広大な原生林が燃えるような紅葉を見せている。

essential-line

岩菅山から見ると緩やかに見える烏帽子山も振り返れば、魚野川から一気にそそり立つ巨大な山塊。


切明温泉までの長い道のり。

紅葉に目を奪われながら歩くこと10時間。

昭文社の地図のタイムは大分ちぐはぐだったが、笹の伸び具合にもよるのだろう。
今回は刈り払い直後で最高の条件だった。

essential-line

紅葉の波は谷底に向けて一気に駆け下りていく。

短い秋の一瞬の輝きを目に焼き付けて歩いた。


コメント


パーマリンク

2012/10/16 (火)

神室連峰縦走

故郷の名峰・神室連峰を縦走してきました。

神室連峰は東北一のヤセ尾根が南北25キロにも及び、みちのくの小アルプスとよばれている。

標高は1300m台と決して高くはないが、過激なアップダウンの連続と神室山・杢蔵山の避難小屋の間が
コースタイムで12時間ほどの距離となっており、厳しい縦走を強いられる。一級の縦走路である。

essential-line

南端の杢蔵山から鳥海山と丁山塊(ひのとさんかい)を望む。

鳥海山は雪を頂いていた。

essential-line

一杯森山頂に幕を張る。

西の空は怪しい夕焼けを見せており、明日の天気が危ぶまれる。

essential-line

起床時は晴れていて星も見えていたが、歩き出すとガスに包まれた。

市境の尾根へ出ると宮城方面は晴れている。

脊梁山脈が雨雲を遮り、日本海側と太平洋側の明暗を象徴している。

essential-line
西面の切れ落ちた、非対称山稜を見せる稜線。

果てしないアップダウンが続く。

essential-line

鋭い火打岳を越える。

ようやく道半ば。今日の行程は10時間を超える。

essential-line

最高峰の小又岳の登りはきつい。

あと何分とカウントダウンしながら、励ましあって登る。

essential-line
小又岳山頂より。

背後の杢蔵山(奥の平らな山)が遠い。

essential-line

小又岳に登るとようやく目的地の神室山避難小屋(奥の山の白いつぶ)が見えてきた。

essential-line

稜線は秋の盛り。美しい紅葉がしばし疲れを忘れさせてくれる。

essential-line

今年の紅葉は少し遅れているようだ。

essential-line

ようやくたどり着いた神室山。

遠くに見えていた虎毛山も今は指呼の間。

essential-line

快適な神室山避難小屋。

地元の方々の手入れに感謝し下山する。

フィナーレは木漏れ日のトレイル。


山は標高じゃない。

それを実感した縦走でした。


コメント


パーマリンク

2012/10/13 (土)

錫杖岳本峰

昨年に引き続き、錫杖岳本峰へ行ってきました。

今年は夏にも別ルートから行ったので、二度目。

essential-line

朝はガスに覆われていたが、次第に岩壁が姿を現す。

essential-line

奥の二俣を左へ入って、南峰の肩に出てしまい。

少々ヤブを漕いで、南峰~本峰間のコルへ。

そこからいつものヤブ道を山頂へ。

essential-line

紅葉は前衛フェース取付きあたりがピーク。

昨年よりは少し物足りない紅葉で残念。

錫杖岳本峰はしばらくお腹いっぱいなので、次は壁を登りに来ようっと。


コメント


パーマリンク

2012/10/8 (月)

船形連峰縦走

奥羽山脈の真ん中にどっしりとした山容を横たえている船形山。

大きく深く、広いまさに東北の山。

広大な豊かなブナ林に覆われている。

essential-line

途中は沢の中を行く。登山道!?というよりは沢登り。

東北の山はワイルド!!

essential-line

沢を登り詰めて、稜線へ。

稜線とは思えない広々となだらかな紅葉の海。

何処までもつづいている。

右奥には縦走の目的地である後白髪山が遠い!

essential-line

山頂付近は紅葉の盛りでした!


蛇ヶ岳までの道は猛烈なヤブ!!

この先延々とヤブか!?と思われましたが、
そこから下山口まではヤブがかられていてひと安心。

ブナの森と美しい紅葉、山のいで湯を堪能した東北の山旅でした。


コメント


パーマリンク

2012/10/2 (火)

谷川岳馬蹄形縦走

谷川岳の馬蹄形縦走へ行ってきました!!

登りは当然、西黒尾根。

歴史あるクラシックルート。
ロープウェイ利用はニセ馬蹄です!!

谷川岳馬蹄形縦走とは西黒尾根を登り、
谷川岳~一ノ倉岳~茂倉岳~武能岳~蓬峠~七ツ小屋山~清水峠~朝日岳~笠ヶ岳~白毛門を結ぶ縦走路です。

そのラインが馬の蹄鉄の形をしていることから馬蹄形縦走と呼ばれています。

essential-line

ロープウェイ利用では絶対見れない。貫禄の谷川岳。

西黒尾根は上部に岩場もあり、右手にはマチガ沢も見え、山頂を目指しながら登れる正当な登路です。

essential-line

台風の影響か、完璧な虹ができていました。

尾根から見下ろす虹は、240°位の円を描いていました。

essential-line

西黒尾根と赤沢山を結ぶ、虹の架け橋も登場!!

essential-line

稜線の紅葉は最高潮でした。

谷川岳周辺は笹の緑に映える紅葉が非常に美しいところ。

essential-line

山小屋も貸切状態で満喫できました。

でも白毛門からの下りはやっぱり長い!!


コメント


パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional