山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

calendar FrontPage/2014.01

Top / FrontPage / 2014.01

<< 2014.1 >>
[FrontPage]
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2014/1/12 (日)

「冬のリシリ」 その6


日本海で発生した低気圧は急激に発達し、爆弾低気圧となり利尻島の頭上を通過した。

中心気圧は948hPa。

成因は違うが大型の台風と同等の威力をもった低気圧の襲来である。

その後も勢力を維持したままオホーツク海に居座り、強い冬型の気圧配置をつくり日本海側は暴風雪の大荒れとなった。


雪洞に閉じ込められた我々にはただひたすら待つことしか許されなかった。


朝、目覚めると、とうに初日の出が昇っている時間だというのに雪洞内は真っ暗だった。

当然、入口は完全に埋没し閉ざされた状態となっていたのである。


パートナーが除雪のためにテントの外へ出るとなんだか慌て狼狽えながら喚いている。


なにやら…「やべぇ」とか「出られないかも!」とか…。

5分ほど悪戦苦闘した後、ようやく開通したようだ。

するとまたしても「フガー!」と喚いている。


しばらく除雪作業をしたあと彼はテントに戻ってきたが、雪洞の出口は昨晩より1m以上遠くなっており(一晩でそれだけ積もった)、
外はブリザードが吹き荒れているそうだ。

視界は0mとのことである。

essential-line
essential-line


テントから苦闘中の彼を除くと、そのスノーシャワーが凄まじい勢いでその背中に降り注いでいて、さながら滝行のようであった。


朝食の後、ラジオなどを聴きながらしばらくだらだらと時間をつぶしていると、再び外は闇に包まれた。

完全に埋まると外界の嵐から隔絶され、まったく静かなものだし暖かく快適なのである。

多少埋まってしまっても中には酸素も残っているし、雪の中にも酸素があるのですぐに窒息するわけではないので放っておいたが、
流石に昼の炊事をするために火器を使うときには通気を確保しておきたい。

今度は私が除雪しに天幕より這い出た。


すると先ほどの彼の喚きの訳を身を持って理解することができた。


まず、出口を塞いでいる雪をかき分けるが一向に貫通しない。

雪を掘ってテント側へ寄せておくが、そのうち雪を捨てる空間がなくなってきてしまう。

少しずつ自分の居場所すらなくなってくるのに、恐怖を覚えた。


何とかスコップの先だけでもと外側へ向かって突き出すとようやく先っぽだけ外へ出たようだ。

同時に滝の如く雪が降り注いでくる。

わずかに空いた穴から、身をよじり苦しい体勢で(かなりアバラに響く)なんとか頭を出すと地獄が待っていた。


荒れ狂う風、叩きつけるような雪、それらが容赦なく顔面を襲い、眼を開けることすらできない、呼吸さえ困難だ。

すぐさま穴の中へ逃げ帰りたい気持ちに鞭を打ち作業する。

顔をまったく挙げられないので、うつむきながら片手で必死に雪を捨てる。

捨てるそばから、雪が容赦なく穴を埋めようと押し寄せてくる。

リシリは我々を生き埋めにするつもりなのだ。

20分ほど拷問に耐えると、さながらホラー映画の様相となってしまった。

キャー!!


翌、1月2日も終日吹雪のため停滞。

埋まることにも慣れてきたので、除雪も最小限。


1月3日。

今日、この穴を脱出しなければ当分「リシリ」に閉じ込められることは必至。

天気図によれば等圧線の間隔も、今日明日は広い。

その後は、次なる低気圧がやってくる。

日の出とともに行動できるように、準備を整え外を窺うと依然、視界はない。

しばらく様子を見る。


9時ごろ視界10mの中偵察に出るが、両サイドには活路は見いだせない。

周囲をぐるりと岸壁に囲まれた地形で下部は急傾斜の雪面が落ち込んでいる。

今度は下部を偵察。50mほど下降したが周囲の傾斜は変わらず。

時折、ガスの切れ間があるようになってきた。

しかし、パートナーの足の感覚がなくなり凍傷の恐れがあるので雪洞へ急いで戻る。

いままで雪山で足に不安を覚えたことのない寒さに強い彼だが、今回の寒気は一味違うようだ。


11時まで待機したが、状況は変わらないので意を決して行動に移る。

80m下降した後、ロープで確保してもらいながら雪壁をトラバースする。

視界が悪いので、探り探りの行動だ。

essential-line

3ピッチほどトラバースすると尾根上の場所に出た。

トレースも発見して北稜であることを確認した。

essential-line

慎重に北稜を下降すると次第に傾斜が緩んで、滑落の不安もなくなる。

ガスも切れ始め、周囲を見渡せるようになってきた。

なおも下降すると、氷の鎧をまとった長官小屋へとたどり着いた。

essential-line

その日の行動は慎重を期して、快適な冷凍庫のなかで一夜を明かす。

尾根の雪は締まっていて、明日の行動ははかどるであろうことが予想された。


翌朝、避難小屋を出ると前日とは別世界となっており新たに50㎝ほど雪が積もっていた。

風当たりの強い、尾根上であるのに胸のあたりまで新雪に没する。

essential-line

視界もほとんど無に等しく、またもやコンパス頼りの行動となる。

長官山からは雪崩におびえながら、何度も方向を修正しつつ慎重に下った。

essential-line

一度ガスがはれあたりの美しい景色が広がって、もう大丈夫だと安心したら、すぐに真っ白にホワイトアウトした。

澄んだ水の中に、ミルクをたっぷりと注いで混ぜ合わせたような世界を泳ぐ。

もがきながらどんどん下って樹林帯へ入るとようやく本当に視界が広がった。

essential-line

海が見えて、向こうに礼文島の美しい姿も認められた。

結局、利尻岳の山頂は一度も姿を現すことはなかった。

essential-line

野営場から林道をしばらく歩いて、目的地の温泉へと辿り着いた。

ようやくラッセルと重荷と寒気と風から解放され温泉へ浸かることができると喜んでいたら、温泉は休業中であった。

essential-line


コメント


パーマリンク

2014/1/11 (土)

「冬のリシリ」 その5



見晴らしのいい草原に穏やかな風が吹いて、柔らかな日差しがやさしくふりそそいでいた。

次はどんな山へ登ろうか、何をしようか。

そんなことを漫然と考えていた。


コーヒーでも淹れてパンでもかじろうか、あるいは写真を撮りにあたりを探りに行こうか、

なんとなしに迷っていた。


そんな夢をみている心地だった。


すると突然、顔に冷や水をかけられたような感じがした。


休日の朝寝を無理やり起こされるような気分で鬱陶しい。

眼を開けると、あたりは暗く雪が降っているようだった。


一人の男が、遮二無二雪を掘っている。

寝起きの私は、それが私の知り合いであることが分かるまで少々時間がかかった。

(私) 「ここどこ?」

(彼) 「リシリ!」

(私) (・・・・・リシリ・・・ってなんだっけ?・・・・・・そんな名前の山があったような・・・)

    「リシリの何処?」

(彼) 「ホクトウリョウ!」

(私) (リシリのホクトウリョウ・・・・・・そういえば利尻岳に登りに来てたんだっけ。)

(私) 「利尻登っててどうしたんだっけ?」

(彼) 「落ちた!!」

(私) (・・・落ちた!?・・・・・・そういえば落ちたんだっけ!?・・・そういえば落ちたな~)


私はようやく自分の置かれている立場をぼんやりではあるが理解したのである。

それでも何べんも思い返して、自分が落ちたということを少しずつ自覚した。

そしてようやく驚き、状況を把握した。


そして

「生きなきゃ!!生きて帰るんだ!!」

そう強く心に思った。


立ち上がろうとすると左半身に強い痛みが走った。

すぐにあばらが折れていることを悟った。

痛みに耐えながらザックから肩を外して何とか立ち上がることができ、歩くことができた。

顔を流れている冷たいものは、おそらく血であるかもしれないと拭って見ると、

赤くはなかったのでどうやら出血はしていないらしくほっとした。

顔に降り積もった雪が溶けてながれていたのだった。


今はとにかく穴を掘らなければならない。


左腕は痛みで挙がらないので、右手一本で雪洞を掘る。

幸いパートナーは元気に働いてくれているので、私は彼の掘った雪を斜面へとどんどん捨てていった。

辺りは壁に囲まれているような地形で、風をかなり防いでくれているようだった。

始めは二人がぎりぎり入れる穴が掘れればいいと思ったが、雪は柔らかく深くまで掘れたので中にテントを張ることができた。


ほうほうの程でテントの中に入ると、ようやく生きた心地がしたのだった。

テントに入るとどうも左の視界が狭い。

写真を撮ってみると何とも酷い顔になっていてぞっとした。

essential-line


ミルクティーを飲んで、雑炊を食べると意識も記憶もはっきりしてきて冷静になった。


パートナーによれば、私は1時間近く意識を失っていたそうだ。

私が落ちた時、彼は気づかず(視界が1mもなかったため)、見えない所に勝手に移動したと思い、
しばらく探していたら自分も落ちたということだった。


彼は意識を失わなかったので長い距離を落ちている間、少なくとも三回は「死んだ」と思ったそうだ。

逆にいうと三回も「死んだ」と思えるほど、長い距離を落ちたということである。


落ちてから30分ほどは彼自信も衝撃で起き上がれなかったそうである。

私に声を掛けても反応はなく「死んでる」と思ったそうだが、
しばらくすると「ウ~」とかなんとか言い出したので、かろうじて生きていることが分かったということだ。

先ほどの「ここどこ?」のやりとりも幾度となく繰り替えしていたそうだが当方には全く記憶になく、
最後のやり取りしか覚えてない次第である。

自分でも生きているのが信じられないくらいで、二人とも死んでいないのは奇跡に近いように思えた。


幸い食料も燃料も余分にあるので、あすからの悪天にも耐えることができるだろう。

奇跡を起こしてくれた神に感謝しつつシュラフに潜りこもうしたら、その動きは折れた肋骨に相当響くのであった。

中に納まるまで10分ほど拷問のごとき苦しみを味わわなければならなかった。

頭の上までシュラフにくるまりファスナーを挙げることは諦め、終いには寒さに耐えることにした。


コメント


パーマリンク

2014/1/10 (金)

「冬のリシリ」 その4


三日ぶりに顔を出した黎明の陽射しが、純白の斜面を朱く染めた。

深い霧に覆われていた山容が次第に姿を現し、厳しさと優しさを露わにする。


惹きこまれるような美しい稜線が、空と大地を分けている。

雪と岩の織りなす微妙な陰影、複雑な隆起と陥没、肌理こまやかな優雅さと峻厳な重量感。


しばし時が経つのを忘れ立ち尽くす。

そこにはただ風だけが吹いていた。

essential-line

白く、あらゆるものを白く覆い尽くす雪。

刻まれた一条のトレースだけが、厳しい自然の中に示す私たちのちっぽけな自己主張。

essential-line

essential-line

海岸線から一途にただ山頂を目指して歩いてきた。

鋭いナイフリッジや深雪のトラバース、危ういキノコ雪を越えて。

最大の難所である「門」を越えれば山頂は近い。

essential-line

尾根上に立ち塞がるように「門」はあった。

壁の弱点であるルンゼ(溝状の場所)を登る。

始めは容易く思えたが、取り付いてみると雪の付き方が絶悪だ。

essential-line

傾斜の強い壁に新雪が50㎝以上ついていて、すべてを落としていかなければ上へあがれない。

支点を取るべき脆弱な灌木は氷に覆われ、掘り起こさなければ姿を現さない。

不安定な体勢でひたすら雪を掘る。

頭の上に覆いかぶさるように迫る雪をシャワーの如く頭から浴び続ける。

苛立つ程に遅々としたペースで、身体を挙げていく。

アックスよりもむしろシャベルで雪を落とした方が効率的かもしれない。

あるいは鍬のようなもので一気に掘り起こしたいくらいだ。


ルンゼを抜けると尾根の向こう側は切れ落ちて高度感がある絶壁であった。

「落ちてもロープにぶら下がるだけ」と高をくくって不安定な雪庇の縁を登り、腰がらみでフォローを迎えた。

essential-line

隣の東稜を窺うと林道で別れた北海道の二人が同じくらいの高度の所を進んでいる。

登るルートは違うが、奇妙な親近感を覚えるものだ。

手を振って健闘を称える。

向こうも手を振りかえしてくれたようで同じ気持ちだったのかもしれない。


「門」を突破して雪壁を登ると「ローソク岩」の基部に着く。

このまま稜線をたどると十中八九、転落するとの事前情報を得ていたので
ここから25m×2回の懸垂で尾根の基部へ降り立った。

降りた場所は沢上の地形で尾根へと登りかえさなければならない。


強い北西風は稜線を越えると勢いを弱め、東面へ多くの雪を落とす。

風が弱い反面、東側には厳しいラッセルが待ち受けているのだ。


深く柔らかい雪に胸まで没しながら、遅々とした歩みで高度を稼ぐ。

気づけばあたりは深いガスに覆われ、空からは白いものが舞い始めた。

視界は30mほどであるが、その先にあるものが全て真っ白なので、遠近感も傾斜感もわからなくなる。


「門」を過ぎれば楽勝だと思っていたが、このホワイトアウトでは進むべきルートに確信が持てない。

稜線は依然として戸隠の「蟻の戸渡り」の様相を呈しているので尾根の基部に沿って巻いていく。


稜線に戻るところでは再び「門」と同様な場所を登攀したが、今度は全く支点が取れないので開き直ってスピード重視ですすんだ。


深い雪が私達の体力と時間をどんどん奪っていく。

山頂まではあと少しと思うも、どんどん悪くなる視界の先には次々と新たな斜面が現れるのである。

essential-line


ともかくも前進を続けると突然強風にあおられた。

そこは山頂間近の主稜線であった。

足元は強い風のためクラストしてアイゼンの歯の先しか食い込まない。

ブカブカ雪の東面とは全く違った様相であった。

時計を確認すると16:30をまわっていた。


昨夜の雪洞は1400m付近であったので1721mの山頂まで、多く見ても350m程度の高度差を実に10時間を要したことになる。

山頂の祠や標識を探したが見当たらず、あるのは2m四方ほどの大きな氷の塊だけであった。

時間的には行動を中止すべきだが、避難小屋までは500mほどの下りで足元は硬いので普通に下れば1時間程度の見込みだ。

暗くなっても、パートナーはGPSを持参しているので何とかたどり着けるとの判断で北稜を下り始めた。


下り始めると西側から猛烈な吹雪が吹き上げてきた。

ガスは飽くまで濃密で視界は数メートル(ときに1m)。

地形図とGPSを駆使して進むも、意外に尾根は複雑で何度も方向を修正した。

風が強く、その場に立ち止まること自体危険であったので、ともかくも足探りで下って行った。


途中、視界が開けてきてずっと下の方へ続く尾根が見え、パートナーと北稜で間違いないと確認し合って進むと
それは3mほど先にあったただのコブであった。

まったくの目の錯覚であったことに我ながら驚きを隠すことができなかった。

遠近感を奪われた我々の目には雪と岩の模様が、明瞭な尾根の形に見えたのであった。


足元は不安定で氷のモナカを踏み破ると中の柔らかい雪に足を取られた。

慎重を期して後ろ向きにダブルアックスを極めながら一歩ずつ下る。


刹那、足元の氷が崩れた。

アックスにぶら下がるかと思われたが、刺していたアックスの氷ももろとも崩れ落ちた。

一瞬すぐに下の斜面で止まるかと思われたが、次の瞬間私の体は宙に投げ出されていた。


コメント


パーマリンク

2014/1/9 (木)

「冬のリシリ」 その3

昨夜は漁火が輝いていたので、翌日は青空が見えるかもしれないと期待していたが、雪洞を出るときちんと吹雪いていた。

essential-line

1000m圏のピークまでは膝程度まで潜るばかりで、順調に高度を挙げられた。

同じラッセルといっても底に締まり雪があるのと、
体重をかろうじて支えてくれる程度の結合の弱い雪とでは労力は比べ物にならないものだ。
この辺りまでは、いわゆる手ごろなラッセルであった。

ここから尾根は90度向きを変え、急激に痩せたナイフリッジへと変わる。

この時期、雪庇はそれほど大きく発達はしていないが、新雪のため結合は弱く慎重な見極めが必要である。

わずかな衝撃や体重をかけただけで、そこにあったはずの尾根はスパッと谷底へと落ちていく。

眼の前にある尾根が尾根上の雪であるのか、下には何もない雪庇なのかを見分けるには遠目から見えればよいが、
なかなかそうはいかず覗き込んでみるか蹴りこんでみるかしか方法がないことも多い。

体重は手前に残したまま蹴ってみたり、アックスで切れ込みを入れて
怪しい部分をあらかじめ落としていかなければならないのだ。

独立峰である利尻岳は風があらゆる方向から吹くようで、雪庇のできる方向が一様ではないので質が悪い。

時に両側とも雪庇ということもある。

essential-line

時に稜線上を行くことはかなわず左右の斜面を巻かなければならないが、
胸のあたりまで没する深雪とダケカンバのヤブが阻み、容易に進むことを赦さない。

essential-line

逃げ場のない痩せた稜線に吹き付ける風は厳しく、まつ毛も鼻毛も凍りつく。

トラバースから稜上に這い上がる部分は除雪をしながらのダブルアックスで進むが、
締まった雪などはるか足元の下であるので、不安定な雪をごまかしながら固めて体を挙げていく。

essential-line

背丈よりもはるかに高く立ちふさがる雪の壁をモグラのように這い進む。

凍りついた這い松がオーバーハングとなって立ち塞がり、さらに足元は崩れていくので乗越ていくのに苦労した。

頭上から容赦なく雪を浴び続けなければならないので全身雪まみれである。

もちろんランナーは10mに一つとれれば良い方だ。

essential-line

尾根の左右にモンスターと化した岩峰がガスの中から忽然と現れ消えていく。

海に囲まれたこの山では北アルプスなどにくらべ、湿度が高いせいか濃密なガスに覆われ進むべきラインを見定めることは難しい。

essential-line

「三本槍」の岩峰群が天を突く。

真っ白な雪とガスに遠近感がつかめないが、近づいていくほどにその大きさを増して威圧的だ。

ここを過ぎれば通称「窓」と呼ばれる核心部であるが、時計は14時半をまわったくらいであったが、
視界も悪く風が強いので「三本槍」の付近に雪洞をほった。

掘り進めるとすぐに這い松が出てきてしまいてこずったが、横に広げる形でリカバリー。

だが天井は薄く心もとないものであった。


標高1400m。山頂までは残りわずか高度差350m。

あすの午前中の予報は「霧のち晴れ」だ。


気象予報士の資格保有者であるパートナーによれば

「この晴天は日本海に発生する低気圧の全面に現れる一時的な疑似好天で、その後発達した低気圧が利尻島の真上を通過する」

との見込みである。

ラジオの予報では「低気圧の通過後に―41℃以下の第一級の寒波が南下する」と告げている。


午前中には山頂を越え、長官小屋(避難小屋)へと入らなければならないし、時間的に見ても十分たどり着けるだろう。

むしろそうしなければ山頂付近で低気圧を迎え、その後の強烈な冬型気圧配置に閉じ込められてしまうことが想像に難くない。

あわよくば山頂から全方位の大展望を我が物とできるかもしれない。

雪洞内でわずかに持ってきたブランデーをすすりながら、ビーフジャーキーに噛り付いた。


コメント


パーマリンク

2014/1/8 (水)

「冬のリシリ」 その2

島の外周を巡るバスを降り出発の準備を整えていると、
どこからともなく土地のお婆さんがやってきて

「おめらやまさいくんかえ~、こっからならちけえからな~、き~つけてな~」

と声をかけ、またどこへともなく去って行った。

東京に住むものなら今すぐにでも遭難届を出しそうな環境の中、近所のお散歩感覚で(実際その通りだが)何気なく歩いていく。

北海の波頭は砕け、雪原には地吹雪が流れていた。


しばらくするとタクシーが着き、二人の登山者が降りた。

聞けば彼らは東稜を登る予定であるという。

尾根の取り付きまでの林道のアプローチは同じなので、ラッセルの負担は軽くなり嬉しい限りであるが、
反面少しがっかりとした気持にもなる。

essential-line

アフトロマナイ川に沿った林道を歩いていく。

北海道の山岳会であるという二人は流石にラッセルが強く、どんどん進んでいく。

一方、私は移動疲れからかあるいは精神的な気負いなのか分からないが調子が上がらず脚が重い。

おおむね膝程度の深さのラッセルで周囲の積雪も特別多くは感じられない。

風も穏やかで薄日が差すような陽気で、厳しさを想像していたのだがいささか拍子抜けの感がある。

尾根の取り付きで北海道パーティーと互いの健闘を祈って握手を交わし別れた。

essential-line

取り付きは腰まで埋まる新雪で尾根に乗るまで苦労したが、尾根上は雪もある程度しまっていて高度を稼ぐことができた。

風で飛んでしまうせいか、ところどころ笹が出ているほどで雪深さは感じられない。

「上に行けば更に風が当たるはずだから、もっと快適に歩けるかもしれないと」内心ほくそ笑む。


essential-line

少々早いが、700m付近で適当な場所があったので雪洞を掘る。

風もそこまで強くないので、穴を掘るまでもないように思えたが、先人の失敗を反面教師にしてきちんと穴を掘る。

(夜中にテントが倒壊寸前となり危機を迎えたパーティーがあった。)

北海道組も利尻の風はすごいから必ず雪洞は掘ると言っていた。

essential-line

雪洞内にテントを張ると、外の風も全く気にならず暖かく快適だ。

それに面倒な除雪の負担も激減する。

essential-line

周囲を覆っていたガスも晴れ、山肌も露わになってきた。

山頂だけは頑なにその姿を現さなかった。

明日も今日のような天気なら、うまくいけば山頂まで行けるかもしれない。

眼下には日本海が広がり、稚内の町明かりや漁船の灯がきれいだった。

essential-line


コメント


パーマリンク

2014/1/7 (火)

「冬のリシリ」 その1



甲板に出ると頬を刺すような冷たい風が雪を交えて吹いていた。

海を渡る潮風に雪国特有の湿った風の匂いが満ちている。

大型のフェリーは大きく揺れ、時に一瞬宙を飛び、
すぐ後に「ドーン」という音とともに海面へと叩き付けられたような衝撃が走る。

冬の日本海の荒波を分けて、船体を大きく傾がせながら進む船に
「今日はどうして欠航にならなかったのか?」と不思議なほどだ。

空は低く、灰色に曇って目指す島の姿を望むことはできないが、
蒼く暗い海に白い航跡を残して突き進む船に「確かに近づいている」という実感がこみあげる。

同時に期待と不安がないまぜになった緊張感で胃袋が締め上げられるようだ。

essential-line




まるでヨーロッパアルプスの針峰群の一座を切り取って海に浮かべたような姿である。

稜線に吹く強風と痺れるような寒気はヒマラヤのものと比べても遜色はない。

鋭い尾根が、深い谷が、海岸線よりたちどころに傾斜を増し、山頂を目指し駆け上がっている。

天を突く岩峰にいろどられ、純白の衣をまとったその姿は荒々しくも神々しい芸術作品だ。

その姿を一目見た時から魅せられ、何としてでもその頂からの風景を我が物としたいと思った。

その時、「この冬の目標は利尻だ」と心に決めた。

essential-line



「冬の利尻岳」は他のどんな山とも比べようのない独自の存在感を主張している。

山そのものが一つの島を成し、島そのものが一つの山であるともいえる。

日本でも最北端に位置するといえるこの山は樺太にほど近い。

日本海を発達しながら進む低気圧は、この島の付近で勢力を維持したまま長く停滞する。

厳冬期に晴れる日といえば月に1日か2日しかない。

海を渡る風は直接1700mを超す障壁にぶつかり、勢いを増して稜線を越えていく。

激しく吹き荒れる風は「北海の荒法師」の異名を持ち恐れられている。

「冬の利尻」は「冬の剱」とならび、日本の冬山を志すものにとって目標となりうる二つの山であろう。



「冬の利尻」へはまず、上陸するまでが一つの関門である。

稚内空港は日本で二番目の欠航率を誇る。冬であればなおさらだ。

島へ渡るフェリーにしてもひとたび海が荒れれば2~3日の欠航は当たり前。

冬の利尻を目指したが、その地を踏むことさえできずに稚内でやけ酒をあおって敗退というものも身近に少なくはない。


essential-line

かくいう我々も出発当日、羽田空港に着くや稚内便のみが早くも欠航を決めていた。

どうにか5時間後の新千歳空港行きに乗り、札幌から深夜バスで稚内フェリーターミナルへたどり着いた。

そこで「本日は低気圧の影響により全便欠航致しております」
の張り紙を見て再び途方に暮れたのである。

essential-line

それにしても前夜の段階で翌日の午後の便まで早々と欠航を決めてしまうのは潔い限りである。

まあ期待を持たせながら、やっぱり欠航というよりははっきりしていて気持ちがいい。

かくして我々も先人に倣い、やむなく稚内にて無為の一日を費やしたのである。

essential-line



コメント


パーマリンク

2014/1/5 (日)

2014 賀正

新年あけましておめでとうございます。

アクシデントはありましたが、利尻岳より下山いたしました。

今年もよろしくお願いいたします。


コメント


パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional