山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

calendar FrontPage/2014.08

Top / FrontPage / 2014.08

<< 2014.8 >>
[FrontPage]
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2014/8/26 (火)

剱岳・北方稜線

まだ明けやらぬ池の平を出発し、ライトの明かりを頼りに鉱山道を進むと小窓雪渓へとぶつかる。

温かな空気と雪に冷やされた空気が混ざり合った生ぬるい風が雪渓を吹き降りてくる。

essential-line

雪渓を詰めて小窓へたどり着く頃、視界を遮っていたガスが上がり始め背後のとがった池の平山が姿を現した。


道は次第に険しさを増して、お花畑の中に岩場が連続するようになる。

小窓の頭のトラバースでは急峻な雪渓が残っていて、横断する際に下を覗くと吸い込まれるような錯覚を覚えた。

essential-line

圧倒的な迫力の小窓の王南壁。

基部を巻いて三の窓へとガレ場を下降する。

essential-line

正面には北方稜線の難所である池の谷ガリーが長大な滝のように立ち塞がる。

essential-line

三の窓より池の谷をのぞき込むと雲海の向こうに富山湾が浮かぶ不思議な光景が広がっていた。


慎重な足運びでグズグズの池の谷ガリーを詰める。

今年の夏は天候が悪い日が多く通過者が少ないようで、例年に比べ浮石が多いようだ。

essential-line

長次郎の頭を巻くようになると、陰鬱な池の谷側と打って変わって明るく開放的なムードが広がる。

眼下には長次郎雪渓が白い帯のように続き、それに並行して続く八峰の岩峰群が荒々しい。

正面には大きな剱の本峰が見え隠れしている。


山頂には新しい大きな祠が設置されていた。

essential-line

晴れやかな笑顔の登山者たちで溢れる山頂を後に早月尾根を下降する。

正面に雲海を望みながら気の抜けない下りが続く。

essential-line

早月小屋にて祝杯をあげ、翌日はゆっくりと長い尾根を下った。
途中、多くの杉の巨木が迎えてくれる。

essential-line

のどかな馬場島へとたどり着いて長い縦走に終止符を打った。

振り返るとガスな切れ間にたどってきた稜線が見え隠れしていた。


コメント


パーマリンク

2014/8/14 (木)

後立山連峰縦走

西日本に大きな被害をもたらした台風11号は去り、空はどこまでも澄みわたっていた。

北アルプス北部の白馬岳はお盆を迎えて、さぞや多くの人で賑わっていると思ったが、
意外にもすれ違う人も多くはなく山小屋もむしろ空いていると言えるほどだった。

essential-line

山では子供連れの姿が目立ってなんとなく和やかなムードにさせられるが、
一方、子供自身にとってはどのような気持ちだろうかと思う。

幼稚園に通うような小さな子にとって北アルプスはどのように映るのだろうか?

essential-line

稜線を歩いていると離れた草原に黒い物体が動いていると思ったら、
果たしてそれは熊であって、私が「ベアー!」と叫んだら退散した次第であった。

essential-line

天狗の頭よりガラガラした大下りを下って不帰の険へと差し掛かる。

特にⅡ峰は険悪な岩場が立ちはだかり、一見どうやってこれを越えるのだろうと思われるが、
きちんと鎖が張り巡らされており少々拍子抜けするほどあっけなく此れを過ぎることとなる。

それでも白馬大池から長いこと歩いてきた脚は重く、さしたることのない登りであっても大きな障壁となり立ちはだかるのであった。

essential-line

外観からは想像もつかない小奇麗な唐松山荘を発つ。

稜線を行く登山者はヘルメットを被っている人の方が多く、長野県の呼び掛けもそれなりに浸透しているようであった。

essential-line

五竜岳を越えるとなお、気の抜けぬ岩場が続く。

午後から危ぶまれた天候も幸い持ちこたえてくれ、快適に歩みを進めることができた。

essential-line

この稜線は常に右手に剱岳を望みながら歩くことができる。

三ノ窓雪渓が長く幕を引くように伸びていて、豊富な残雪に驚かされる。

essential-line

キレット小屋でくつろいでいると、北方稜線の方角に一条の光が差して神々しい景観を見せてくれた。

essential-line

キレット小屋を出るとすぐに八峰キレットへと差し掛かる。

朝一のまだほぐれない体でトラバースや梯子を慎重にこなす。

essential-line

眼下には雲海が広がって、私たちの縦走のフィナーレを祝福するかのように朝日が輝いていた。


コメント


パーマリンク

2014/8/3 (日)

薬師から五色ヶ原へ


折立から太郎坂を登り草原の太郎平へ着くと小屋は多くの登山者でにぎわっていた。


大きな薬師岳を越えると存外に険しい稜線となり、激しい登下降を強いられ距離ははかどらない。

essential-line

台風の影響か北アルプスの稜線は厚い雲に覆われ、
藍色の鮮やかな富山平野と能登半島へ続く海岸線が美しい孤を描いていた。

essential-line

五色ヶ原は広々とした草原に多くの花が咲き、未だ白い雪渓が残っている。

ひとつたたずむ山小屋は険しい稜線における絶好のオアシスで行く人の疲れをいやしてくれる。

essential-line

途中に出会った雷鳥の親子にまた会えることを願ってやまない。


コメント


パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional