山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

calendar FrontPage/2014.11

Top / FrontPage / 2014.11

<< 2014.11 >>
[FrontPage]
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2014/11/19 (水)

男山ダイレクト

開拓して以来、数年ぶりに「男山ダイレクト」へ行ってきました。

essential-line

林道をひた歩き、尾根を一つ越えると眼前に男山の山頂とそれに続く岩稜が見えてくる。

まさしくそれは男山ダイレクトである。

essential-line

落ち葉積もる尾根をたどればほどなく岩稜帯が現れる。

essential-line

岩稜を第一から第三へ快適にたどれば背後には本州にしてはスケールの大きすぎる展望が開ける。

essential-line

行く手には続く岩稜がかっこいい。

essential-line

空気はどこまでも澄んで、空は限りなく碧い。

essential-line

「男山ダイレクト」変化に富んで、快適で長すぎずコンパクトにまとまった良いルートです。


コメント


パーマリンク

2014/11/10 (月)

晩秋の山々

ブログ更新を怠っていたのでまとめて山行のご報告をいたします。 (注:手抜きではありません!)


まずは鈴鹿の釈迦ヶ岳。

essential-line

白い花崗岩の明るい沢筋をたどります。

中腹の紅葉は綺麗でした。

essential-line

足元も綺麗。

essential-line

尾根に上がると岩場も出てきて展望も素晴らしい。

essential-line

狂い咲きのイワカガミにも出会えました。

essential-line

翌日は御在所岳の中道へ。

これは負ばれ石。

essential-line


そして地蔵岩。

もちろんてっぺんに立ちました。

essential-line

いつも興ざめの山頂を後に国見尾根へ。

前回、ぞっとしたゆるぎ岩。

先端に乗るとぐらりと揺れます。


中央アルプス前衛の吉田山。

essential-line

コンパクトな山ながら山頂から南アルプスの全山を一望できます。

essential-line

登山口の紅葉も素晴らしかった!

次の日は烏帽子山。

essential-line

山頂直下に烏帽子岩という岩場があります。

essential-line

高度感があってスリルがありますが、岩は登りやすく快適!

展望も抜群の山ですがこの日は遠くの山は望めませんでした。


秋の山は空気も澄んで展望もよくなります。

紅葉の移ろいもまた楽しみの一つですね。


コメント


パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional