山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

calendar FrontPage/2015.08

Top / FrontPage / 2015.08

<< 2015.8 >>
[FrontPage]
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015/8/28 (金)

北鎌尾根


多くの岳人の憧れである北鎌尾根は日本を代表するクラシックルートである。

険しい岩稜。長いアプローチ。

そして何より槍ヶ岳のピークがフィナーレを飾る。


essential-line

北鎌尾根に取り付く前夜は北鎌沢出合でキャンプするのがいい。

山懐に抱かれて焚火を見つめながら、明日への不安と闘い、期待へ胸膨らますひととき。


essential-line

長く急な北鎌沢を詰め上げて北鎌のコルから天狗の腰掛へ登り詰めると正面に独標が大きく立ちはだかっていた。

槍の姿は独標に遮られ窺い知ることはまだできない。


essential-line

赤くザレた硫黄尾根を背後に高度を稼ぐ。

気の抜けない岩場が次々と現れる。


essential-line

荒々しい稜線がどこまでも続いている。

確かなルートファインディングが要求される。


essential-line

突如、霧に隠されていた槍ヶ岳の峰頭が姿を現した。

圧倒的な存在感で君臨するスパイヤー。


essential-line

そこに住む雷鳥もどこか険しい顔をしているようだった。


essential-line

北鎌平の手前にあるレリーフが疲れた体を奮い立たせてくれる。

ここを過ぎればあとは槍の穂先の登りを残すだけだ。


essential-line

最後の岩場を登り切れば山頂はすぐそこだ。

山頂の祠の裏からひょっこりと顔を出す。


居合わせた登山者の賞賛や羨望が気恥ずかしくも悪くない気分。

達成感と安心感、感動がないまぜとなって熱いものがこみ上げる。


essential-line

北アルプスだけでなく日本を代表する素晴らしい尾根であることを今回改めて実感することができた。

北鎌尾根から望む槍ヶ岳のピークは他のどこから望むものより堂々として大きく威厳に満ち溢れていた。


コメント


パーマリンク

2015/8/13 (木)

飯豊連峰 2015


秋の気配漂う飯豊連峰を縦走してきました。


essential-line

稜線には数えきれないほどのマツムシソウが咲いていました。


essential-line

お盆だというのに行き交う人は少ないように感じました。

頼母木小屋にいたっては私たちのほかは一人だけの宿泊でした。

essential-line

飯豊連峰の西端に位置する朳差は私の大好きな山です。


essential-line

見渡す限りのお花畑が広がっています。


essential-line

アキノキリンソウとマツムシソウの鮮やかなコントラスト。


essential-line

御西岳へと夕日が沈みます。


essential-line

変わりやすい天気に翻弄されてましたが、最終日は最高の天気となりました。


essential-line

東北の大きな山々が連なっていました。


essential-line

山頂まで緑に覆われた美しい稜線。


essential-line

のびやかな稜線と豊富な雪渓。

稜線を彩るお花。

山をこよなく愛する人々が集まる素晴らしき山。


コメント


パーマリンク

2015/8/5 (水)

聖から赤石へ


連日の晴天の下、南アルプスの巨峰を縦走してきました。


essential-line

聖岳より赤石岳を望む。


essential-line

兎岳の南面には広大なお花畑が広がっている。


essential-line

赤石岳の由来ともなっているラジオラリアチャート板岩。


essential-line

兎岳山頂部を彩るシロバナノタカネビランジ。


essential-line

百間平より広大な展望を我が物とする。


essential-line

暑い日差しを受けて…山頂は近い。


essential-line

赤石岳当面のお花畑。

強い日差しに悩まされましたが、灼熱の下界とは比べものにならないくらい涼やかな風が吹き抜けていました。


コメント


パーマリンク

2015/8/1 (土)

鳥海山




「 ここにして 浪の上なる みちのくの 鳥海山は さやけき山ぞ 」



essential-line

チングルマの綿毛


essential-line

草原を埋めるキンコウカ


essential-line




essential-line

ハクサンシャジン群落


essential-line

イワブクロ


essential-line

山頂へ向かう道。ちょっとこわい。


essential-line

ボルト打ちたい。怒られるけど。


essential-line

岩塔連なる山頂部。


essential-line

新山。雲が切れて雲海が広がった。


essential-line

大きなクマさんに遭遇!!


essential-line

完全に晴れてきた!


essential-line

東北ならではの雄大な眺め。


essential-line

花に負けずカラフルな皆さま。


essential-line

固有種のチョウカイアザミ。


essential-line

ダイモンジ草はおしゃれな色あい。


essential-line

雪渓を何度もまたいで大きく下っていく。


大らかでのびやかで美しい。

ふるさとの山。


コメント


パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional