山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

calendar FrontPage/2016.02

Top / FrontPage / 2016.02

<< 2016.2 >>
[FrontPage]
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

2016/2/28 (日)

阿弥陀北稜


手掛りの豊富な岩壁を越えるとナイフリッジの先に阿弥陀岳の山頂が輝いていた。

essential-line

背後には広大な空間が広がり横岳が屏風のように岩壁を連ねていた。


ナイフリッジを慎重にわたると先ほどまで吹き抜けていた風も収まり、最後の雪壁を軽やかに登り詰める。

山頂の石仏が顔に氷を張りつかせ、凍えそうに佇んでいた。


コメント


パーマリンク

2016/2/9 (火)

大谷不動


みなさんそろそろ飽きてきた頃かとおもいますが、まだまだ氷です。

essential-line

大谷不動は菅平高原の峰の原スキー場の近くにあります。

根子岳の西側といえばわかりやすいでしょうか・

50mクラスの氷瀑がいくつもあり、オーバーハングから垂直の氷が垂れています。


essential-line

今年は氷の発達がいまいちのようでツララ状であったり下部が切れていたり。


essential-line

そんな中、一緒に行った先輩はしっかりと成果を残されてましたので、自分の実力不足を痛感。

とにかくやり続けるしかないですね。


essential-line


コメント


パーマリンク

2016/2/4 (木)

八ヶ岳・中山尾根


雪を払ってホールドを掘り起し

essential-line

essential-line


essential-line

アイゼンの歯を岩角に引っかけて立ち上がる







クラックを掘り出してトライカムをねじ込む






ダブルアックスを草付きに差して腕を引き付ける

essential-line

ロープを少しずつ上へ上へと延ばしていく

essential-line

青空へ向かって


高みを目指して


コメント


パーマリンク

2016/2/1 (月)

湯川アイス



今日も氷です。


essential-line


essential-line


essential-line

あったかくて氷なくなりそう…


コメント


パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional