山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

calendar FrontPage/2016.03

Top / FrontPage / 2016.03

<< 2016.3 >>
[FrontPage]
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2016/3/31 (木)

春の阿弥陀北稜



すっかり春めいてきた八ヶ岳。

スノーシーズン最後の阿弥陀岳へ行ってきました。


早朝、山小屋の温度計はマイナス6℃をさしていましたが、やっぱり厳冬期のものとは感じが違います。

アイスキャンディーも営業終了したためか全体的に閑散としている印象でした。

赤岳鉱泉から中山乗越を過ぎて行者小屋へ着く頃には上着を着ていられないほど暖かくなりました。


essential-line

シラビソの樹林帯をぬけて明るいダケカンバ帯になると尾根は急な雪壁へと変わります。

急登にアイゼンとピッケルを効かせながら息を切らすと阿弥陀北稜の第一岩稜が現れます。


essential-line

赤岳から横岳、硫黄岳へと続く荒々しい岩壁がアルパインムードを盛り上げてくれます。


essential-line

快適な岩場を越えるとナイフリッジとなりますが、雪がずいぶんとけてリッジの先端を歩くことなく容易に越えられる状態となっていました。


essential-line

最後は綺麗な雪稜を登ると阿弥陀岳の山頂へと導かれます。


essential-line

山頂でも上着要らず!

昼寝ができそうなくらい快適でのんびりと展望を楽しむことができました。


essential-line

山頂から中岳のコルへと下るみちは急峻で油断がなりません。

日射で緩んだ雪に足を取られながら慎重に下っていきます。


essential-line

コルから先はお尻を使ってあっという間の下山となります。

3月下旬から4月前半の八ヶ岳は厳しい寒さもなく雪も締まって歩き易いので、寒がりのかたにもおすすめですよ!


コメント


パーマリンク

2016/3/25 (金)

大同心&硫黄岳


越後の雪山を狙っていましたが、冬型が強まったため八ヶ岳へと転戦しました。

読みは当たって絶好の登山日和。

山小屋もすいていて快適でした。


essential-line

大同心の基部までは急登ですがほとんど登山道と変わらない道を登ります。

左が大同心。右が小同心。

ルートはその間を抜けていきます。


essential-line


大同心を巻いていくと簡単な岩場があらわれこれを越えていきます。

背後には阿弥陀岳。その向こうに中央アルプスが続いています。


大同心には裏側から回り込んで歩いて立つことができます。

今日は大同心のてっぺんでのんびりティータイムができるほどのコンディション。

日本離れした素晴らしい景観が広がっています。


essential-line

稜線へ出て硫黄岳へ向かいます。

広々とした尾根にてんてんと続くケルンが佇んでいます。

ホワイトアウト時にこのケルンに助けられたひとも少なくないでしょう。


essential-line

赤岩の頭付近より大同心、横岳、赤岳、阿弥陀岳と続く八ヶ岳の核心部を眺めます。

真ん中左の真っ黒な岩が大同心です。

さっきまであんなところにいたのにあっという間にここまで来ました。

下山はもっとあっけなく30分ほどで赤岳鉱泉へと着いてしまいました。


コメント


パーマリンク

2016/3/22 (火)

北海道遠征2


北海道遠征、翌日も層雲峡。

essential-line

ちゃんと凍ってるかな~と探りながら旧国道をたどる。


essential-line

見事なまでの柱状節理が壮観!


essential-line

目当ての「錦糸の滝」。

対岸からでも薄いのが分かる。


essential-line

こちらは層雲峡最難の「リトルプリンセス」。

圧倒的なライン。


essential-line

とりあえず近くまで行ってみようと「錦糸の滝」取り付きへ。

黒っぽく見える部分は裏側の水流が透けて見えている。


essential-line

何とか登れそうな氷の厚い部分を選んで登ってみる。

どれくらいの強度があるのかはよくわからないけど叩いてみると感触でなんとなくわかる!?

essential-line

無事に登りきることができました!!


その次の日は十勝岳の隣のカミホロへ。


essential-line

富良野平野をバックにアプローチ。

essential-line

山に近づくにつれ天気が悪くなっていく。

流石、悪天で知られるカミホロ。

八つ手岩がガスの中から見えてきた。


essential-line

手ごたえがあるのは最初だけで、以降のピッチはノープロで進む。

稜線に出たら完全ホワイトアウトで正面壁継続のプランは却下。

D尾根をコンパスと地形図を頼りに下降。

昔の苦い経験により慎重を期して下降していく。


essential-line

何とか安全地帯に戻って一安心。

やっぱり土地勘のないところでのホワイトアウトは怖い。

下山後は十勝岳温泉の茶色いお湯につかってほっこり。


essential-line

大らかな自然の広がる北海道。

また君に会いたい。


コメント


パーマリンク

2016/3/21 (月)

北海道遠征


北海道へ渡り、札幌に住む友人とともにクライミングを楽しんできました。

前半の二日間は層雲峡にてアイスクライミング。

三日目は十勝の上ホロカメットク山(以後、上ホロ)にてアルパインクライミングでした。


essential-line

まずは層雲峡の代表的な滝である「銀河の滝」へ。

北海道のアイスクライミングシーズンは意外と短く、登れるかどうか?

しかも前日は土砂降りだったらしい。


でも近くまで行ってみないとわからない!


essential-line

まずは石狩川を渡渉。

パートナーは長靴持参。


essential-line

私は鹿さんにならって裸足で修業。

「なまらつめてー!」


essential-line

近づくにつれザーザーと水音を立てる滝。

なんか割れ目も多い。


essential-line

氷のしっかりしてそうなところを選んで登る。


essential-line

核心部は穴から水しぶきがほとばしる!!


essential-line

穴と穴の間のラインは薄すぎて無理。

右の標柱状へ取り付く。


essential-line

刺激的なクライミングで何とかトップアウト!!


(つづく)


コメント


パーマリンク

2016/3/13 (日)

阿弥陀岳中央稜


トレーニング山行で阿弥陀岳の中央稜へ行ってきました。


essential-line

今回のテーマは初めての雪山キャンプ。


essential-line

右のスカイラインが南稜。左が御小屋尾根。真ん中が目指す中央稜。


essential-line

一つ一つが勉強です。


essential-line

2250m付近の樹林帯を整地してテントを張る。

雪が少ないので土台作りが大変。


essential-line

気温は高く。外でティータイム。

厳冬期はこうはいきません。


essential-line

美しい夕日が翌日の天気を約束してくれています。


essential-line

新雪の下には硬くクラストした雪があります。

ラッセルしながら高度を稼ぎます。


essential-line

御小屋尾根との合流前に岩場が現れます。

慎重にロープで確保して通過します。


山頂に着く頃は風が強まって天気は下り坂となりました。

明日は雨・雪予報。

天気の良いうちにそそくさと下山しました。


阿弥陀岳中央稜は下降に使われることが多いですが、八ヶ岳におていは人も少なく優しいながら岩場も出てきて、
入門のバリエーションルートとしてもっと登られてもいいと思いました。


「 行き先遥か南極へ 前にそびえる山越えて さあさあ今日も歩いていこう(いとう) 」


コメント


パーマリンク

2016/3/8 (火)

八ヶ岳days


ここのところ八ヶ岳に籠っています。


essential-line

氷に


essential-line

岩に


essential-line

ソリ遊びに


コメント


パーマリンク

2016/3/3 (木)

公募企画


公募企画のお知らせです。


4月4日(月)甲府・兜岩でクライミングしませんか?

グレードは5.8~5.10台のかた対象です。


この時期、御坂の桃の花が満開を迎えています。
ピンク色の絨毯を見下ろしながらポカポカクライミングを堪能できます。

クライミング後は近くの「ほったらかし温泉」へ入浴したいと思います。


参加費12000円(交通費別途)


ご参加お待ちしております。


コメント


パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional