山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2010-11-01

Top / FrontPage / 2010-11-01

Tag: 佐藤勇介

代打 のっぽ

はじめまして。佐藤勇介の妻、のっぽです。
主人がファーストエイド講習の合宿へ行っている5日間、
代わりにブログを更新するように言われました。

でも何を書けばいいのかしら…。
あ、そうだ。ちょっとみなさんにお聞きしたいことがあります。

以前主人に 「吉野家って “肉抜き” ができるらしいよ」 と言われました。
えー!ほんと!! 野菜大好きの私には、玉ねぎだけの牛丼(とは言えないが)なんて
とっても魅力的◎
今度行ったときやってみよー♪ とずっとわくわくしていました。

そして先日、主人と吉野家へ行く機会があったのでさっそく
「肉抜きでお願いします◎」 と言ったら、店員さんが 「えっ…」 と言ったままフリーズ。

数秒後 「肉を全部抜くということですか…?」 との問いに 「はい◎」 と笑顔で応える私。
「…確認してまいります」 と厨房へ向かう店員さん。
店内を見回すと、妙な顔をして牛丼を食べるお客さんたち。

そして戻ってきた店員さんは
「あの…、肉を全部抜くと牛丼ではなくなってしまうので、ちょっと…。 肉少なめならできますが…。」 と申し訳なさそうな返事。

じゃあそれでいいです。

ということで、肉少なめの牛丼を “今日は変な客が来てるな” 的雰囲気の中で食べてきました。

隣の主人を見たら無表情でまるで他人のような素振り。

これって。これってなんなのでしょう。

 1)彼は私をだまして楽しんだ。
     だとしたら、もうちょっと しめしめ みたいな顔をして欲しかったなぁ。
 2)ジョークだったのに、まさか本気で信じると思ってなかった。
     だとしたら、信じて実行した私って…。精神年齢低くてごめんね。
 3)彼も本気で “肉抜き” ができると思ってた。
     だから恥をかかせてしまったことを申し訳なく思って、私の顔が見れなかった。

3)であることを願いますが、みなさんはどう思いますか?
いまだ消化不良です。


コメント

  • 答えは3)です。テレビ番組でそういう企画をやっていって、注文できてましたので…。
    しかし、申し訳なく思ってしれーっとしていたのではなくまさか実行するとは…。
    と思い、他人のふりをしていました。 -- yusuke sato 2010-11-06 (土) 23:05:59

認証コード(6808)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional