山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2012-10-16

Top / FrontPage / 2012-10-16

Tag: キーワード1 キーワード2

神室連峰縦走

故郷の名峰・神室連峰を縦走してきました。

神室連峰は東北一のヤセ尾根が南北25キロにも及び、みちのくの小アルプスとよばれている。

標高は1300m台と決して高くはないが、過激なアップダウンの連続と神室山・杢蔵山の避難小屋の間が
コースタイムで12時間ほどの距離となっており、厳しい縦走を強いられる。一級の縦走路である。

essential-line

南端の杢蔵山から鳥海山と丁山塊(ひのとさんかい)を望む。

鳥海山は雪を頂いていた。

essential-line

一杯森山頂に幕を張る。

西の空は怪しい夕焼けを見せており、明日の天気が危ぶまれる。

essential-line

起床時は晴れていて星も見えていたが、歩き出すとガスに包まれた。

市境の尾根へ出ると宮城方面は晴れている。

脊梁山脈が雨雲を遮り、日本海側と太平洋側の明暗を象徴している。

essential-line
西面の切れ落ちた、非対称山稜を見せる稜線。

果てしないアップダウンが続く。

essential-line

鋭い火打岳を越える。

ようやく道半ば。今日の行程は10時間を超える。

essential-line

最高峰の小又岳の登りはきつい。

あと何分とカウントダウンしながら、励ましあって登る。

essential-line
小又岳山頂より。

背後の杢蔵山(奥の平らな山)が遠い。

essential-line

小又岳に登るとようやく目的地の神室山避難小屋(奥の山の白いつぶ)が見えてきた。

essential-line

稜線は秋の盛り。美しい紅葉がしばし疲れを忘れさせてくれる。

essential-line

今年の紅葉は少し遅れているようだ。

essential-line

ようやくたどり着いた神室山。

遠くに見えていた虎毛山も今は指呼の間。

essential-line

快適な神室山避難小屋。

地元の方々の手入れに感謝し下山する。

フィナーレは木漏れ日のトレイル。


山は標高じゃない。

それを実感した縦走でした。


コメント


認証コード(6736)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional