山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2013-07-10

Top / FrontPage / 2013-07-10

Tag: キーワード1 キーワード2

ヨーロッパ写真館

とりあえず写真でご紹介します。

essential-line

当初目指したマッターホルンは雪が多く断念。
しかしその姿を目の当たりにしたクライマーは必ず登りたくなってしまう、そんな山だ。

essential-line

登山鉄道で一気に3000mまで駆け上がる。
名だたる山々が連なっていた。

essential-line

リッフェルホルンの岩場をマルチピッチでクライミングする。

ボルトは打たれていたが、すべて無視してカムをセットしながら登る。

essential-line

氷河を眼下に見下ろして、モンテローザやリスカムをバックに最高のロケーション。

essential-line

シャモニへ移動してミディーのロープウェイで一気に雲上の世界へ。
ヨーロッパアルプスの圧倒的な景観が広がっていた。

essential-line

足慣らしと下見を兼ねてコスミック山稜を登る。

各国のクライマーとの交流も楽しかった。

essential-line

シャモニの街からすぐの場所にあるガイアンの岩場で登る。
日本では考えられて位ほどの素晴らしいロケーション。

essential-line

モンブラン登頂へ向けてコスミック小屋へ入る。
小屋からの雲海が美しかった。

essential-line

朝2時に出発してモンブランの山頂へ。
4800mを越える高度は初体験。

氷河の上を歩いていくのは予想外に神経を使った。

essential-line

ヨーロッパ最高峰の展望は遮るものはない。
しかしその分、風が容赦なく吹き抜けていく。

essential-line

遠くマッターホルンまで望むことができた。

essential-line

山頂は寒くて仕方ないので、走るように駆け下りた。

essential-line

モンブランの翌日は疲れを癒すためにハイキング。
花に彩られたフローリア小屋は安らぎの場所。

essential-line

シャモニ最終日はブレバンの岩場へ。
週末ということもあり、順番待ちになり時間切れ。

essential-line

パリへ移動してボルダリング天国のフォンテヌブローへ。
岩にたどり着くまでが遠かった…。

essential-line

ラストはパリの美しい街並みを堪能しました。


コメント


認証コード(6234)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional