山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2010-05-25

Top / FrontPage / 2010-05-25

Tag:

駅から帰る途中に急な坂がある
視界が開け遠くに府中辺りの夜景が垣間見える
街明かりの上に月がひとつ佇んでいる
都会の空には山にあるような星はないけれど
街を見守るようにぽっかり浮かんでいる
昔から人はさまざまな想いで月を見上げてきた
何か心を揺さぶる不思議なエネルギーがある

「おぼろ月夜」 

菜の花畠に 入日薄れ

見渡す山の端 霞深し

春風そよ吹く 空を見れば

夕月かかりて 匂い淡し

私の田舎の山形ではこの歌の歌詞そのままの風景が残っていて
子供の頃の帰り道を思い出し、懐かしく想います。
都会の子供たちは月を見上げて何を想っているのでしょうか?


コメント


認証コード(0186)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional