山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2010-07-03

Top / FrontPage / 2010-07-03

Tag: ガイド 釜ノ沢東俣 東のナメ沢 両門の滝 千畳のナメ

釜ノ沢東俣

東沢入渓点

天下の名渓と名高い奥秩父東沢釜ノ沢。

数ある沢の中でも最も有名な沢の一つであろう。

沢好きの私であるが、実は行ったことがなかった・・・

付近の鶏冠谷やヌク沢は行ったことがあるのだが、
機会を逸していたのである。

今回は仲間と楽しむ気持ちで行ってきた。

昨年、怪我をした仲間の復帰祝いも兼ねて…

二俣吊橋の先で入渓準備 →

気合がみなぎっている!

東のナメ沢

 


← 東のナメ沢

延々と続くナメ滝。
どこまで続いているやら・・・

冬は快適なアイスルートになるだろう。


存在感のある美しい支流も釜ノ沢の魅力である。



essential-line








 

この後、彼はフリクションを失う・・・
そのままの体勢で後ろ向きに滑っていく・・・
誰もがずぶ濡れになる姿を想像した・・・

しかし彼は水際でにわかにフリクションを取り戻し、
何事もなかったかのようにスタスタ帰ってきた。

人は彼のことをムーンウォーカーと呼んだ!

essential-line

 


今日はそんなに暑くないので
やっぱり水の中に入るのは躊躇する。

でも沢では泳ぐのも楽しみのひとつ。

次回は思う存分、泳いでやる!

きっと!!

千畳のナメ

 







千畳のナメ →

なんか本で見た写真では
ゆるやかな流れだったような・・・

踏ん張らないと転びそうな勢いである・・・


沢は水量によって難しさや楽しさが
大きく変わる。
そこが面白いところである。

両門の滝
両門の滝

                           ↑ 両門の滝                                     ↑ 激しい勢い。迫力満点!

essential-line
甲武信ヶ岳山頂

↑ やっぱり水量多し! 水流が中を舞っている!              ↑ 沢の中で一泊し、翌朝、甲武信ヶ岳山頂でコブシを握る・・・


コメント


認証コード(4762)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional