山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2010-11-20

Top / FrontPage / 2010-11-20

Tag: 谷川岳 一ノ倉沢 二子山中央稜

谷川岳衝立岩中央稜~二子山中央稜

彼は谷川岳と縁がない。

私の山仲間のM氏。
かれこれ三度ほど谷川岳衝立岩中央稜へチャレンジしている。
しかし、毎度悪天に見舞われ計画が中止となっている。

そんな彼に付き合って、深夜谷川岳を目指す。

登山指導センターで仮眠をとり、一ノ倉沢駐車場へと到着。
駐車場にはカメラマンのおじさんたちが十数名いらした。

装備を整え、いざ出陣と歩き始めると空が明るんできた。
うっすらと浮かび上がる一ノ蔵沢。

一ノ倉沢

「・・・。」

白く雪がついている。

心配はしていたが、予感は的中!

出発前にいろいろ調べたが、積雪情報は不明。

ここの所、昼間は晴れているし雪が降ってても溶けてるかな~と半ばダメもとで来てみたが、やっぱり駄目でした。

冬支度はしてきてませんので!

彼は谷川岳とは縁がない。


気を取り直して、今の装備と時間的に行ける二子山中央稜に転戦。

ウォーリーを探せ!

こちらはぽかぽか暑いくらいの天気。
快適に登っていきます。

普通に登るとつまらないので残置支点は使わずに自分でカムをセットして登ります。

余裕の表情!?
核心の3ピッチ目はフリークライミングっぽいけど、あとはガバガバの階段状!?

二子山西岳
稜線に抜けると展望が広がります。
歩いている人もちらほら見えます。  ダブルストックの人もいました!

二子山東岳
鎖の外された上級コースを下ります。
前方には二子山東岳の雄姿。  紅葉も麓では盛りです。

弓状エリア
フリークライマーたちが楽しそうに登っていました。
ここは高難度の課題が揃うエリア。 いつの日かここに通う日はくるのか?

うつくし~
素晴しい紅葉です。


コメント


認証コード(3800)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional