山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2010-11-22

Top / FrontPage / 2010-11-22

Tag: 小雪 二十四節気

小雪

     11月22日は「小雪(しょうせつ)」です。


    『暦便覧』には「冷(ふ)ゆるがゆえに雨も雪となりてくだるが故なり」とある。

    北日本や高い山ではいよいよ雪の便りが届くことでしょう。
    標高が2000mを越える山ではすでに雪化粧しているようです。

    七十二候では「朔風払葉(きたかぜ このはを はらう)」
    とされています。

    「朔」「月」と、元へ返るという意味の部首からできており、月が闇夜から甦っていくことをあらわしています。

    ここから「はじめ」という意味で使われるようになったそうです。

    十二支では「子(ね)」が一番はじめ。それが北に記されることから、「朔」「北」をあらわします。

    つまり「朔風」とは「北風」のことです。


    中国では

    「天気上勝地気下降(てんき じょうとうし ちき かこうす)」 とされ

    天地の寒暖が逆になることを指しています。

落葉降る…

    また気象用語での「小雪(こゆき)」とは

    「数時間降り続いても、降水量として1mmに達しない雪」のことだそうです。  

    ちなみに
    「弱い雪」は降雪量がおよそ1cm/hに満たない雪。

    「強い雪」は降雪量がおよそ3cm/h以上の雪。

    「大雪」とは大雪注意報基準以上の雪。
    基準は地域によって違って、5cmのところもあれば20cmのところもあるようです!
    そういえば東京の大雪は山形では普通の雪ですね~。

    「豪雪」とは著しい災害をもたらすような大雪。

    「暴風雪」とは暴風に雪を伴うもの。
    暴風は風速20m/sの風のこと。

     勉強になりましたか?


コメント


認証コード(8175)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional