山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2011-01-06

Top / FrontPage / 2011-01-06

Tag: ほったらかし温泉 棚山 お雑煮山行

お雑煮山行! 棚山とほったらかし温泉♨

毎年恒例のお雑煮山行へ今年も行ってきました!

今年で早や4年目となります。

山頂で食べるお雑煮はやっぱり格別ですね~。

場所は「棚山」です。

といってもどこかわかる方は皆無でしょう。
有名な「ほったらかし温泉」の背後にある山といえば分るでしょうか?

ほったらかし温泉駐車場から望む棚山
左が「前こぶ」と呼ばれるピーク。右が山頂です。

スタートは「ほったらかし温泉」駐車場。

標識に従って林道を進みますが、序盤は標識のないところもあり初見だと少し不安になるかもしれません。
大体、勘に従っていけば問題ないかと思いますが…。

山道に入るとピンクテープが目印になり迷うことはないでしょう。

奇岩・重ね石
この辺の山域は巨岩・奇岩が多くボルダラーの興味を惹きますが、
アプローチがやや遠いので開拓されることはないでしょう。

コナラの落葉の道を登って行きます。だんたんと大岩が目立つようになります。

「前こぶ」を越え、ひと登りでなだらかな山頂に達します。

棚山山頂

山頂からは西側と東側に切り開きがあり、展望はなかなかのもの。
南アルプスの山並みを正面にのぞみます。反対側は大菩薩・小金沢連嶺。

山頂ではお雑煮を食し、今年の安全登山を祈願します。

「今年一年、体力がもちますように!」。

帰路は「山の神」コースを下りますが、結構急で足元が崩れやすく、初心者向きではありません。
ところどころトラロープが張ってあります。

一か所尾根伝いに進んでしまいそうになる個所があるので、要注意です
分岐から下り始めて、5分くらいで直角に右にまがります。ピンクテープをよく探しましょう。

やがて急なところは終わり、落ち葉の深い歩き易い尾根をたどるようになると、往路にたどった道と合流します。

澄んだ青空に南アルプスの銀嶺が輝いていました。

果たしてお雑煮はおいしかったでしょうか?


下山後はゆっくりと「ほったらかし温泉」で癒されました。
いつ来てもいいところですね~。名物「温玉あげ」が美味です!


コメント


認証コード(9323)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional