山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2011-03-27

Top / FrontPage / 2011-03-27

Tag: 楯ガ崎 楯ヶ崎 クライミング パーフェクトブルー 三国合同エリア

楯ヶ崎

東京からはるか遠くの楯ヶ崎へいってきました。

何処?という声がクライマーからも聞こえてきそうですが、紀伊半島にあります。
熊野市と尾鷲市のあいだの熊野灘に面したシークリフです。

楯ヶ崎自体は観光地としての知名度のほうが高いようで、クライマーの影はほとんどなく観光客がちらほら見受けられました。

一番多いのは釣り師のようです。

離島へ行かなくてもこんなにいいところがあったんだ~と実感しました。
そこには古き良き小さな漁村の姿がありました。

東北の被災地もこんなところがたくさんあったのだろうと思いを馳せます。

千畳敷

ウバメガシやスダジイの原生林の遊歩道を歩いていくと千畳敷と呼ばれるひろびろとした岬へ飛び出し、
眼前に素晴らしい景色が広がります。

ハイボルダー…怖いです!

何処でもボルダリングできる楽園のような場所です。
日本離れした開放的な雰囲気がただよいます。

透明な海

本州にもこんなにきれいな海があったんですね。
沖縄の海のような感じ。 波もほとんどなくとにかく静か。
近くに大きな道路はないのでほとんど車も通らず、風と波、そして漁船の音だけが響いています。

どっかぶりから最もすっきりとしたフェイスを登ります

ここには「パーフェクトブルー」という西日本で最高と噂されるルートがある。
非常に印象的なルートでこれだけを登りに来る価値があるだろう。
そこには孤独に耐える精神力が要求される。

花崗岩がまぶしい岩場

こちらは快適なスラブルート。 眼下に海を臨む最高のロケーション。

静かな夕暮れ

夕暮れもまた良し。 熊野の山々が延々と続いています。
もちろん夕食は取れたてのお刺身をおいしくいただきました。

また必ず訪れたい岩場が増えました。 今度はもっとのんびりと…。

おいしい物を食べた罰か帰りは四日市と豊田で大渋滞にはまり、東京まで合計12時間のロングドライブとなりました…。


コメント


認証コード(6823)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional