山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2011-05-30

Top / FrontPage / 2011-05-30

Tag: 佐渡ヶ島 金北山 ドンデン山荘 尻立山 沢口登山口 佐渡庄や ヤマトグサ カタクリ シラネアオイ ニシキゴロモ ミスミソウ

佐渡ヶ島!

海を渡って花満開の佐渡ヶ島へ行ってきました!

季節外れの台風2号の影響で荒れ模様でしたが、最終日には気持ちの良い縦走ができました。

初日は移動日ということで尖閣湾。佐渡金山。真野御陵。アルコール天国とめぐりました。


特に佐渡金山はもうじき世界遺産になる?とのことで注目されています。

全盛期には金山のある相川地区だけで10万人の人口があったとされていますが、
当時の規模としては江戸が100万人だったことを思えばかなりの賑わいだったことが窺えます。


さて山のほうですが、2日目は台風の影響により金剛山~ドンデン高原~青ネバの予定でしたが青ネバ~ドンデン高原に変更しました。

青ネバ渓谷はニリンソウがたくさんありました。


3日目は台風一過で晴れ。気持ちの良い縦走ができました。

画像の説明
ドンデン山荘から両津湾と加茂湖を望みます。

両側の海と湖を眺めながら歩けるのがここの魅力。

画像の説明
ドンデン山荘からは遠く北アルプスの剣岳も望むことができました。

金北山の左に雲のように連なっているのが北アルプス!
写真では見ずらいが、肉眼でははっきり見えましたよ!

ヒトリシズカ
縦走路はとにかく花がすさまじい!
ヒトリシズカ、エンレイソウはうなるほどあります。

ヤマトグサ
こちらはやや珍しい(地味な…)ヤマトグサ。

マトネより金北山
マトネを過ぎると北アルプスの稜線を思わせる開放的な稜線が続きます。

カタクリ
カタクリは登山道の両脇を埋め尽くそうとしています。

カタクリ
これでもか!

とにかく見渡す限りのカタクリ。

佐渡のカタクリはとにかく元気がいい!葉っぱも花も大きくつやつやしています。

シラネアオイ
シラネアオイも見飽きるほどあります。

シラネアオイ
これでもか!!

ミスミソウ
ミスミソウ。  少し時期が遅かったですが、名残の花を見ることができました。


金北山からはお決まりの自衛隊道路を嫌って沢口登山口へ下りました。

これが曲者で分岐はヤブ漕ぎ熟達者でないと発見不可能なくらいの笹薮!(でもさりげなくテープで目印が…)

めげずに下っていくと次第に道ははっきりしてくる。
でも熟達者以外は途中で何度か迷ってしまうでしょう。

花に見とれながらも五感を研ぎ澄まして下れば大丈夫。

テープは入口のみなのであとは踏み跡をたどります。

後半は楽勝です。

歩く時期としては残雪が消えてヤブが伸びきる前のひととき5月後半から6月前半の間。
カタクリ、シラネアオイ、ミスミソウの絨毯が迎えてくれるでしょう。

ここの登山道は縦走路よりはるかに花の密度が濃い!
道はいずこ?
もはや登山道の周りに花があるのではなく、お花畑の中をなるべく花を踏まないように歩くといった感じです。

石仏や清水などもおおく自衛隊道路ができる前は多くの人に利用されていたのでしょう。
こういう道を大事にしていかなければなりません。

下り始めが急でヤブなだけで、あとは花に彩られた歴史ある道。おすすめです!


沢口登山口はタクシーは入ってくれません!マイカーなら林道分岐のゲートのあるところまではいれます。

ジムニークラスならさらに上の兵庫まで入れて、駐車スペース5台以上ですよ!


花を満喫できた縦走でした!!  そしてお刺身も…。


コメント


認証コード(9449)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional