山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2011-10-20

Top / FrontPage / 2011-10-20

Tag: 2011 鳳凰三山 白鳳峠 南御室小屋 紅葉 10月

鳳凰三山

秋の良く晴れた日に鳳凰三山を縦走してきました。

私自身、鳳凰三山は何度か足を運んだことがあるのですが、今まですっきり晴れたことが一度もありませんでした。

今回、爽やかな青空が広がり、展望を欲しい儘にし、紅葉を満喫して、改めてこのコースの素晴らしさを実感しました。


入山は南アルプスの玄関口にあたる夜叉神峠。

昔ながらの九十九折の歩きやすい道を登って行くと、突然目の前に白根三山が飛び込んできます。

画像の説明

ここからの展望には誰もが、感動を覚えることでしょう。

均整のとれた間隔で並ぶ三つの山。

今日は赤茶けた色合いで秋めいています。


ここからは南アルプスならではのシラビソの森を緩やかに登って行きます。

途中、苺平から辻山の展望台へと立ち寄りました。

ここは時間が許すのであれば、是非とも立ち寄って欲しい場所。

画像の説明

野呂川の深い渓谷を隔てて、正面に山と対峙します。

できればコーヒーでも淹れてのんびりとしたい所です。

画像の説明

風雪に耐えて曲がりくねったカラマツが葉を落とす前の最後の輝きを放っていました。

カラマツが落葉を終えると山は厳しい冬へ…。


この日、泊まった南御室小屋に我々の他に2名の宿泊者のみ。

この時期の平日は貸切に等しい山小屋で贅沢な時を過ごせます。

久しぶりの宿泊となりましたが、内装はこぎれいになり、食事は驚くほどおいしいものでした。

小屋番の方々の努力がうかがえました。

画像の説明

南アルプスを歩いているといつも富士が傍らにあります。

私は南アルプスの山に、どこか温かみがあると感じています。

それはそれぞれの山の大きさや森の深さにあるでしょうが、
いつも富士に見守られているという安心感があるからではないかと思っています。

富士山を見るとなぜかほっとして、安堵感を覚えるのです。

何度も振り返って富士山がそこにあることを確認しながら歩いていきます。

画像の説明

花崗岩の白砂に黄金色に輝くカラマツが映え、眼下には深い緑の中に真紅に燃えるナナカマドの赤。
渓底を明るく照らすミネカエデやダケカンバの黄色。

空は蒼く澄んで天はどこまでも高かった…。

画像の説明


コメント


認証コード(3243)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional