山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2012-03-07

Top / FrontPage / 2012-03-07

Tag: 安達太良山 くろがね小屋 2012

安達太良山

福島の安達太良山へ行ってきました~。

登山口の安達太良高原スキー場はガラガラでした…。

ゴンドラの間隔もまばら…。さみしいです。

essential-line

安達太良山山頂が見えています(一番左のピーク)。

この日は晴れ間も見えて汗ばむ陽気でした。
くろがね小屋までの短い行程なのでのんびりハイク。

essential-line

安達太良山の山頂には別名があります。

別名はご想像にお任せします。

10人ほどの地元の方と思しき人達とすれ違いました。
スキー場同様、山も空いています。

essential-line

宿泊のくろがね小屋は素朴な風合いの山小屋。

なんといっても温泉が魅力。

もちろん源泉かけ流しで泉質も最高!!

essential-line

なつかしの「だるまストーブ」がじんわり温めてくれます。

燃料は石炭。


本日は私たちの貸切。

山小屋のゆったりとしたひとときは何事にも代えられない貴重な時間。
現代人の忘れているものを思い出させてくれるようです。

小屋番さんも加わり会話が弾みました。

essential-line

イラストレーターの鈴木みきさんのサインもありました。

人の温かみを感じる山小屋です。やっぱり東北の山小屋っていいな~。

お料理も小屋番さん一人で作っているとは思えない、手の込んだ美味しい内容。大満足でした。

essential-line

翌日はホワイトアウトの中山頂へ。

風がなかったので、山頂でもゆっくりできました。

以前来たときは烈風で痛い目に会いました。

私にとっての安達太良山はなかなか笑顔を見せてくれません。
でも何度でも訪れたいと思います。

essential-line

最後に…。福島に来てみて感じたこと。


シーズンまっただ中なのにがらがらのスキー場。

何処かしら二本松の街も寂しげな感じ。

やっぱり福島は被災地なんだな~と実感しました。

でも二本松なんかは放射能も問題ないし、山は前と同じ顔。

すばらしい温泉もどんどん出てる。

風評被害に惑わされず、みんなまた安達太良に戻ってきてほしいと思いました。

ほんとに素晴らしい山ですから。

essential-line

キタゴヨウマツも泣いていました…。

小屋番さんの「東電と国会議事堂の上から、ウランを『お返しします』と言って撒いてやりたい」という言葉が胸にしみました…。


コメント


認証コード(9671)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional