山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2012-03-16

Top / FrontPage / 2012-03-16

Tag: 那須 朝日岳東南稜

那須・朝日岳東南稜

悪天の隙間を縫って那須へ行ってきました。

登ったルートは朝日岳東南稜。

essential-line

茶臼岳ロープウェイは冬季休業中なので、手前の大丸温泉からアプローチ。

いちばん左のスカイラインが東南稜(実際の位置関係からするとほんとは南稜だけど…)。


初めは一般道を登って行くが、峰の茶屋手前から明礬沢を渡り東南稜に取付く。

essential-line

下部は雪があったが、稜上へあがるとほとんどなく、露岩&ガレを登る。

essential-line

岩峰を越えてクライムダウン。

下降用の支点が新しく作られていた…。そんなに需要のあるルートなのだろうか?

次の登り返しが、本日の核心部。

essential-line

10mくらいの岩場で下半部がⅢ級+程度。

本日、暖かく、素手で登れたので、さらに易しかった。

あとはしばらくガレ場の登り。ボロいのでこちらの方が気を遣う。

essential-line

背後には茶臼岳が噴煙をあげている。

視界は良好。登りにつれ展望が開け爽快。

essential-line

ピークをふたつほど越えると朝日岳頂上は目前。

頂上直下には最後の難関で岩場がある。
Ⅲ級程度で容易なスラブ。

essential-line

中ほどに骨董品級のハーケンを発見。いつくらいに打たれたのだろう?

essential-line

本日無風快晴で、絶好の登山日和。

飯豊連峰、磐梯山、安達太良、吾妻連峰、会津駒、燧ケ岳と東北の名峰がずらり。

essential-line

北西には流石山~三倉岳~大倉岳への長大な稜線が白く輝いていた。

岩の露出した那須の主稜線とは明らかに違って、真っ白な雪に覆われている。

いつか歩きたい憧れの稜線。夏は多くの花に彩られる。

essential-line

下山は峰の茶屋を経由して一般道を降りる。

途中の剣ヶ峰は夏は巻くが、この時期は稜線通しに山頂を踏んでいく。
これも雪がある時期の愉しみ。

シュカブラが那須の強風を物語る。

でも今日は無風快晴の快適な山登りを楽しませてくれた。


コメント


認証コード(5014)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional