山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2013-06-05

Top / FrontPage / 2013-06-05

Tag: キーワード1 キーワード2

奥秩父主脈縦走

雲取山から金峰山まで続く大きな山脈を奥秩父主脈という。

今回は2泊3日でその間の笠取山から甲武信ヶ岳を越えて大弛峠までを歩いてきた。


登山口の作場平から笠取山へ向かう。

笠取山は多摩川の源流の山として有名である。

essential-line

途中の沢には、砂金!?と思えるような金色の砂粒が光っている。

実際は金雲母と呼ばれる石であろう。

essential-line

急登を登り詰めて笠取山の山頂へ。

この辺りは稜線上は防火帯として切り開かれていることが多く開放的である。

また一昔前の大伐採によって草原状となっているところも多い。

essential-line

笠取山山頂のシャクナゲは素晴らしい色合いで美しかった。

ちなみに雁坂峠以北、大弛峠まではシャクナゲはほぼ咲いて居なかった。

花芽もついてなかったので、来年以降に期待しましょう。

多摩川源流の水干はこのところ雨が降っていないため涸れてしまっていた。

essential-line

コメツガやシラビソの絨毯の敷き詰められてた縦走路は、脚にやさしくどこまでも歩いて行けそうな感じがした。


時折、現れる笹原の峠には涼しくさわやかな風が吹いていた。

途中、雷と雹(ひょう)に何度も見舞われるめまぐるしい天気。

昔から全く変わらない山小屋。

深いシラビソの森、林床を埋める苔。

大らかで控えめな山々。

奥秩父の魅力がたくさん詰まっていた。


コメント


認証コード(9210)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional