山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2015-03-31

Top / FrontPage / 2015-03-31

Tag: キーワード1 キーワード2

阿弥陀岳南稜


まだ3月だというのに初夏の陽気に包まれて、つい数日前まで硬い蕾だった桜は一斉に花開いた。

まだ雪の残る早朝の山であっても流れる風は暖かった。


essential-line

立場岳への長い登りをこなし青ナギへ達すると続く南稜の岩峰群の果てに阿弥陀岳の頂が姿を現す。


essential-line

あまりの好天に記念撮影。

残雪期の稜線には大きな雪庇がはりだしている。


essential-line

振り返れば権現岳の向こうにたたずむ芙蓉峰。


essential-line

ずいぶん黒い割合の増えてきた赤岳。


essential-line

たどりついた山頂の標識は埋まってどこにあるのか定かではなかった。

北西稜へと続く雪稜の果てに北アルプスの峰々が白く延々と続いている。


下降にとった中央稜は厳しい日差しのせいで雪が腐りきって、一歩ごとに踏み抜く悪い雪であった。

ずいぶんと疲れてしまったのは重い雪のせいか熱い日差しのためか、あるいは自分のコンディションのためであったろうか?


コメント


認証コード(2062)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional