山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2015-04-09

Top / FrontPage / 2015-04-09

Tag: キーワード1 キーワード2

猿ヶ城


残雪豊富な越後の山へ足を運びました。

三条の市街では雪のかけらもありませんが、山懐に入っていくとまだまだ田んぼにもたくさんの雪が残っていました。


目的の山は八十里越え街道の入口にある番屋山でしたが、今年は雪が多かったためか登山口まで入ることができませんでした。

ふと見上げるとあたりの山々にも残雪を利用して登ることができそうでした。

調べると猿ヶ城という山がありゆるやかに長い尾根をこちらへ誘うように延ばしているのでした。


essential-line

取り付きこそ急でしたが、尾根に上がると歩き易い登りが続いています。

残雪が藪を覆って道なき尾根でも自由に歩くことができるのです。


essential-line

一つのコブを越えると次のコブが現れるといった様子で山頂にはなかなかたどり着きません。

春の雪は締まっていてワカンを履かなくても歩くことができます。

ところどころ日当たりのよい場所には春の花が開き始めていました。


essential-line


猿ヶ城の山頂からは下田山塊の山々を望むことができました。

道なき山々が延々と続いています。

思えば昨年、粟ヶ岳から矢筈岳への縦走を試みましたが悪天のため敗退したのでした。


essential-line

猿ヶ城の尾根の先には真っ白な稜線をもつたおやかな守門岳が大きく存在を誇示しています。

このまま歩いていきたい衝動を覚えましたが、今宵の宿となる越後長野温泉の誘惑に勝つことはできなかったのは言うまでもありません。


essential-line

標高をわずかに下げるだけで足元に多くの雪が残っているというのにブナの芽吹きが始まっていました。


essential-line

宿へ向かう道から明日登る粟ヶ岳が辺りの山々を従えるように堂々とした姿を見せてくれました。


コメント


認証コード(5099)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional