山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2015-10-08

Top / FrontPage / 2015-10-08

Tag: キーワード1 キーワード2

和賀岳・真昼岳


奥羽山脈の中でも極めて原生の自然が未だ残されている和賀山塊。

気象条件の厳しさから森林限界は1000m程度である。


essential-line

移動日である初日は名勝・抱返り渓谷へ。

碧い水に紅葉が映えていた。


essential-line

回顧の滝(みかえりのたき)は一番の見どころ。

上段は水流が宙を飛んでいる。


essential-line

和賀岳へは高下登山口より一つ稜線を越えて和賀川の渡渉が必要だ。

秋の冷たい水流に身も心も引き締まる思い。


essential-line

急登をこなすと樹間より展望が開けた。

一瞬の光芒が鮮やかな紅葉を浮かびあがらせる。


essential-line

森林限界のコケ平へ達すると、冷たく厳しい風の洗礼を受けた。

太平洋を進む巨大台風の影響か。


essential-line

風に耐えながら一登りで和賀岳山頂へ。

大展望が広がるが、強い風が留まることを許さない。


essential-line

真昼岳・女神山へと続く和賀山塊の核心部。

いつかこの美しく大らかな稜線を縦走してみたいものだ。




essential-line

翌日は真昼岳へ。


朝まで雨が残り、風も収まらず。

残念ながら女神山からの縦走を断念した。


真昼岳のブナ林は若く清々しい。


essential-line

稜線付近は強風が吹き荒れていたが、笹がずいぶんと盾になってくれていた。


essential-line

わずか1000m程度の山頂であるが、関東でいえば2000m級の眺望と風格を備えた名峰であった。


コメント


認証コード(2554)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional