山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2017-02-11

Top / FrontPage / 2017-02-11

芦別岳


世界最高峰を目指す皆さんのトレーニングで北海道の芦別岳へ行ってきました。


画像の説明

この時期は山スキーをする人が多く入山しているようです。

今日も先行者のスキートレースがありました。


画像の説明

中腹を覆っていたガスが晴れ白い雪に包まれた柔らかな富良野岳の山容が現れました。


画像の説明

どこを滑っても気持ちよさそうな斜面ばかりです。


画像の説明

あくまでトレーニングなのでルート取り、ラッセルも体験して頂きました。


画像の説明

欧米人のスキーヤーが物凄い勢いで追い越していきました。

スキーの機動力はすごいですね。


画像の説明

半面山の近くまでくると、ようやく背後に隠れていた芦別岳が顔を出しました。

ここから見ると遥か彼方のように思えますが、
ラッセルは深くないし天候は明日のほうが悪そうなので今日のうちに山頂を踏むこととしました。


画像の説明

半面山を越えた鞍部にテントをデポして山頂へ向かいます。

屏風のように芦別岳が立ちはだかり、どこから取り付くのか一見わかりません。


画像の説明

山頂直下の急な斜面を登りきり頂稜へ出るとガスの中に夕張岳が浮かび上がりました。

一瞬の幻想的な光景でした。


画像の説明

鋸歯状の稜線を歩いて山頂に立つと一層冷たい風が吹き上げて来ました。

寒気と時間が長居することを許さないので写真を撮って足早に下山にかかります。

下りはより慎重に。


画像の説明

本当は雪洞でも掘りたかったですが時間がないので断念。

夜は風が強まりましたが朝方には収まりつつありました。

テントは少し寒かったですが眠れなくても気にしなければOKです。


画像の説明

風が吹き抜ける中、半面山へ登り返します。

山頂は隠れていましたが、山麓は良く見えています。


画像の説明

山肌を雪煙が流れて幻想的な朝です。


画像の説明

雲海の広がる北海道の大地を見下ろして満足感に浸りながら来た道を下りました。



コメント


認証コード(3231)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional