山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2013-10-08

Top / FrontPage / 2013-10-08

Tag: キーワード1 キーワード2

苗場山から佐武流山へ

星降る中、山小屋を発ち苗場の頂上台地の末端に差し掛かる頃、
東の空が朱く染まり陽が登ってきた。

essential-line

辺りの笹ヤブは朝露に濡れ、先頭を歩くものにとっても辛いが、
これもまた季節の移ろいを感じるものである。

essential-line

山の端から溢れだした陽の光が、ナナカマドを一層紅く染め上げる。

この季節にしては寒くなく、風もなく穏やかな朝だ。

essential-line

赤倉山まではきちんと笹が刈られていたが、ナラズ山までの間はだいぶ笹が伸びている。

ここのような本当の山奥では、刈払いも容易ではない。

essential-line

ナラズ山から振り返ると、苗場山がいつもの姿で横たわっていた。

周囲を見渡すと名も知れぬ山々がどこまでも広がっている。

essential-line

ナラズ山を過ぎると笹も勢いを減じて、大分歩きやすくなった。

水無尾根を合わせると傾斜も緩み道も良くなる。

静かな山頂では東の谷川岳方面のみが開けていた。

ただ爽やかな秋の風が吹き抜けていた。


ワルサ峰への登り返しがきつかった。
下降路の水無尾根は急峻で歩きにくい道が続いた。

檜俣川を渡渉して林道までの登り返しも苦しかった。

最後の林道歩きも長かった。

切明温泉の湯が疲れた足を癒してくれた…。


コメント


認証コード(5641)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional