山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2011-12-25

Top / FrontPage / 2011-12-25

Tag: 台湾 クライミング

台湾クライミングの旅 1日目

台湾の首都、台北の東にある『龍洞』という場所をご存知でしょうか?
ここは太平洋に面した岩壁で、台湾で最大のロッククライミングエリアです。

“冬は寒くて外でクライミングができない → じゃあ暖かい国へ行こう!”

これは、そんな単純な脳みその持ち主、勇介・ミツ君・のっぽ による
チープでディープな台湾3人旅のお話です。

行けばなんとかなるだろう的なノリで、宿も決めずに日本を出国してしまった彼ら。
さて無事にクライミングはできるのでしょうか。 はじまり はじまり~。

脳内イメージ

12月7日 (1日目)

青い空と青い海、心地よい風を受けながらのクライミング◎
「陽射しが強くて暑いくらいだね!」 「汗で手が滑っちゃうよ!」 「海風が気持ちいいね!」

…なんて言い合いながら楽しくクライミングするイメージが3人の頭の中に広がります。

楽しみだ…◎ ニヤニヤしているうちに飛行機は台北松山空港へ到着しました。

事前にネットで調べておいた台北の天気予報は雨続き。
「でもまぁ、週間天気なんてあてにならないし、一日くらいは晴れるっしょ。」

とてもポジティブな3人。                                                          脳内イメージ
しかし3人を迎えてくれたのは、もわっとした湿気と どんよりとした曇り空、ぽつりポツリと降り始めた雨でした。

「う~む…。
 まぁ今日は一日目だしね。明日以降晴れればいいわけだから、今日は曇りでも許す!」

なんという寛大な3人でしょう◎ きっと天は味方してくれるはずです。

到着後すぐ龍洞近くの街へ移動する予定でしたが、
あいにくの空模様のため、3人は台北に1泊することに決めました。

さて宿をどうするか…。
ここで初めて、のっぽの胸中に小さな不安が生まれました。日暮れまで数時間しかない。。
「大丈夫だいじょうぶ、現地の人に聞けばどっかに安い宿があるっしょ。」 勇介とミツ君はポジティブです。

とりあえず3人は歩きだしました。
そして、今まさに自転車にまたがろうとしているおじいさんにミツ君が声を掛けました。
声を掛けるタイミングとしてはあまりいいとは言えないな、とのっぽは思いました。

そのほかにもレンタカー屋のおねえさん、屋台のおじちゃん、屋台のおばちゃん、マッサージ屋のみなさんなどに声を掛け、
台北の街をさまよい、
なんだかんだで日本人が経営する安~い宿を見つけることができました。
ミツ君の突撃精神の成果でした。勇介とのっぽはミツ君に少し感謝しました。

突然の訪問を快く受け入れてくれた宿のオーナー山田さんは
恐縮しながら3人を部屋へ案内しました。
なぜならこの日は満室のため、乾燥室しか寝る場所がなかったのです。

でも、恐縮する必要などありませんでした。
登山好きの3人からしたら、寝袋・テント・車中泊・数日間入浴なしなんて珍しいことではありません。
布団が敷いてあるだけで大喜び、シャワーも使えるよという言葉にさらに大喜びする3人でした。

そんな光景を見て、山田さんはちょっと不思議そうな顔をしていました。

宿が決まり安堵した3人は夜の街へと繰り出しました。
すると 「なに食べたいの?この店おいしいよ」 という声。

怪しいおじさんでした。
日本人なのか台湾人なのかも不明。スーツなのに中はポロシャツ。
…ぼったくられるんじゃないか? 3人は警戒し、無視して店探しを続けました。

うまいもんが食べたい。うまい酒が飲みたい!
しかしどのお店も美味しそうに見え、なかなかひとつに決められません。

そして、なぜなんだ! 結局3人はあの怪しいおじさんの店に入ってしまったのです!!

そのわけは誰にもわかりませんでした。怪しい匂いがプンプンするのに…。

おじさんは3人の注文にいちいち口を挟みました。
「次は台湾のビールにしろ」 「そんなのよりこっちの方がうまい」
「それ(付け合せ)は食べなくていい。甘いだけ」 「エリンギのコショウ炒め と タケノコ炒め を食べなきゃダメ」

(-_-#) 好きなものを食わせろ…。3人はおじさんを鬱陶しく感じて、ほとんど聞き流していました。

そうこうしているうちにほろ酔いのいい気分になり、宿に戻ってバタンキュー。
結局シャワーなど浴びずに爆睡する3人でした。  つづく…。

台湾 マッサージを受ける勇介・ミツ君 足つぼマッサージ
アパンマンに激似ですけど…。         マッサージを受ける勇介・ミツ君       のっぽは足つぼマッサージ

謎の宿 山田屋 山田屋入口 布団があるだけで幸せ 
山田屋 怪しい門構え 1泊400元(1052円)   長い階段を登ると山田屋   布団があるだけで幸せだもん

乾杯 激ウマでした うまそう!
台湾限定アサヒビール 乾杯   この赤いのは食べなくていいと  ホルモンのから揚げ、揚げ豆腐、猪肉炒め うまかった~!


コメント

  • ランナウトでお会いする佐藤さんですよね???
    いちくらデス。。。

    松井いっくんの友達で、佐藤さんとは「カラファテ」でも偶然お会いした、と言ったらわかるかな?



    二月に台北行こうと、岩場を調べてたら偶然見つけたWWW

    龍洞や、大砲岩の行き方、バス・電車など、

    詳しく書いてくださいね!!!
    参考にします(笑)


    きよこさんによろしくデス!
    【 いちくら ゆきこ 】 2012-01-19 (木) 22:30:34

    • いっちー!お久しぶり◎
      2月に台北に行くんだね! わー♪晴れるといいね。
      龍洞への行き方など連絡しますね。
      【 きよこ 】 2012-02-06 (月) 21:51:01

認証コード(3732)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional