山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2013-06-23

Top / FrontPage / 2013-06-23

Tag: のっぽ カンボジア

のっぽ カンボジア ひとり旅(2)

 

essential-line

朝5時出発。トゥクトゥクでアンコールワットを目指します。
あいにくのお天気。雨混じりの曇天だけど
たくさんの人が写真ポイントに集まります。

雲が厚くて朝日は望めなかったけど、
神秘的な時間を過ごすことが出来ました。

朝食を食べにホテルに戻る観光客とは逆に、アンコールワット内を見学。
びっしりと施された彫刻が、人の可能性の奥深さを感じさせます。
essential-line

essential-line

essential-line

essential-line


人ってすごい。
こんなに大きな建築物を、こんなにたくさんの彫刻を、
作り上げることができるんだもの。 人ってすごい。

なんだか勇気が湧いてくる。
不可能なことなんてないんじゃないか、
諦めなければなんだってできるんじゃないかって
思えてくる。

それは900年前に彫られた 私へのメッセージ。
美しく生きよ。
最初の一歩をためらうな。
限界を決めるより前へ進め。

ちょっと、体が軽くなった気がしました。



essential-line

アンコールワットを2周回って、お腹が空いてきたので屋台で朝食。
そしてアンコールトムバイヨンへ移動。

ここがすごかった。
大きな観世音菩薩のお顔が東西南北に施された四面仏が
54塔もそびえ立つ、【宇宙の中心】と言われる寺院です。

どこにいても観世音菩薩の優しいお顔が見守ってくれます。
essential-line

essential-line

essential-line

essential-line

現地の人が声を掛けてくれ、写真をたくさん撮ってくれました。


バイヨンの壁面彫刻はとってもユニーク。
当時の生活が可愛らしく表現されています。

ご飯を炊く人やスープを運ぶ人など料理・食事のシーンや
投げ網で魚を捕る人、
病気の人を看病しているところや出産の場面、
プロレスごっこや商売の値段交渉などなど。

800年前も今となーんにも変わらないんだなぁ。
なんだかほっとすると同時に
こうして日々を平穏に大切に暮していくことが
人間にとっていちばん幸せなことなんだなと気づかされました。


essential-line



バイヨンが大好きになってしまった私。
去りがたい気持ちをこらえて、次の寺院へ。

トマノンチャウサイデボータタケウの3つの遺跡を見学。
こちらも素敵でしたが、ちょっと私の好みではなかったみたい。
あんまり興味が湧きませんでした。

スラスランという王の沐浴場として造られた大きな池の近くでランチをとり、
次はタプロームへ。

ここは1186年、ジャヤバルマン七世が母親のために建てた仏経僧院。
その後ヒンズー教の寺院に改造されたため、
ブッダの彫刻や仏像はすべて破壊されています。
そして300年以上前、森が寺院を飲み込み、
今ではその上に大きな木々が根を下ろしています。









essential-line

essential-line

essential-line


ここではお巡りさんが声を掛けてくれ、
寺院内を案内してくれました。
「ビューティフル。ビューティフル。」 と言いながら、
写真もたくさん撮ってくれました。
ほんと、緑と彫刻が美しい寺院です。

そしてなんと、
立入禁止のところまで案内してくださいました!

柵を乗り越えて 「おいで」 と呼んでくれます。
いいのかなぁ。でも、うれしい◎

まだ修復が完成していない、
時代を経たそのままの姿を見せていただきました。
ありがたい…。


essential-line

essential-line
現在修復中につき立入禁止なのですが…。そーっと お邪魔しまーす。      欄干にダンサー(アプサラ)の彫刻がきれい。

essential-line

essential-line
ヒンズー教寺院に改造されたときに、ブッダは全部破壊されました。           案内してくれたお巡りさん。

essential-line

暑い中歩き回って、ちょっと疲れました。
今日気に入ったバイヨンタプローム
また明日も来ようと決めて、今日はホテルへ戻ることに。

帰りがけにバンテアイクディという寺院を
もうひとつ見て、ホテルへ帰りました。
essential-line

essential-line


ホテルに戻ると、スタッフの男の子が、
「まかないで良ければ、一緒にご飯を食べようよ」 と
声を掛けてくれました。
わぁ、うれしい◎
お言葉に甘えて、スタッフみんなとのご飯にお呼ばれ。
ご飯、青菜の魚醤炒め、鶏肉のクメールカレー。
地元のご飯が食べられるなんて!
青菜の炒め物がシンプルですごくおいしかったなー。

みんな若いから食欲旺盛。
もりもり食べる姿が見ていて気持ちがいい。
いろいろおしゃべりしながらの、楽しいひと時でした。
ごちそうさま をして部屋に戻るときには
満面の笑みで 「チョッコレート ドリィ~ム」。
ありがとう、今日もぐっすり眠れそうだよ。早く寝よっと。

しかし。夜10時にノックの音 「友達が来ていますよ」 と。

essential-line

あ、忘れてた。 いや、忘れていたわけじゃないけど
こんなに遅くに来ると思わなかった。

韓国人大学教授さんのお迎えでした。
疲れたしもう寝ているので、と断っても全然引いてくれない…。

うーむ、手ごわい…。ふぅ…。
まぁ いっか。夜の街は一人では歩けないし、いい機会かもと
無理やりポジティブに切り替えて、教授さんとお出掛けです。

トゥクトゥクに乗って、まずは果物市場へ。
「あなたは美人だから何でもしてあげたくなる。
 南国のフルーツは美味しいからたくさん買ってあげる。
 ほかにも欲しいものは何でも買ってあげるから」 と言われました。

あ、ありがとうございます…。
なんだろ。 私、カンボジアでモテ期が来ちゃったみたいです。
そういえば今日も遺跡で写真を撮ってくれた人たちが
みんな 「ビューティフル」 と言っていたのは
もしかして私のことなのかも???
どうも私の顔はカンボジア人うけするみたいです…。
(まぁ、いま一緒にいるのは韓国人だけど。)

市場で果物をたくさん買ってもらい、ナイトマーケットでは
Tシャツ4枚、テーブルクロス、かわいい短パンを買ってもらい、
そのあとフットマッサージをおごってもらいました。


マッサージ後、ホテルまで送ってもらいお別れ。
明日韓国に帰国されると聞いて、ちょっとほっとしました…。
お気をつけて。 ありがとうございました。 おやすみなさーい。

明日は大好きなバイヨンタプロームだー! わーい◎        【つづく】


コメント


認証コード(5121)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional