山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2013-06-24

Top / FrontPage / 2013-06-24

Tag: のっぽ カンボジア

のっぽ カンボジア ひとり旅(3)

 

essential-line



今日は昨日行って気に入った、バイヨンタプローム
たっぷりじっくり見ようと決めました。

早起きをして、8時前にトゥクトゥクで出発。
天気がいい! ひゃっほー!
カンボジアに来て初めての青空だー。

まずはバイヨン
今日も観世音菩薩さま達はにこやか。
朝早くから多くの観光客が見学に来ています。






essential-line

essential-line

essential-line


カンボジアでは、どの遺跡にもたくさんの子供がいます。
貧しくて学校へ行けない子供たちが、
絵ハガキなどを売ったり、観光客をガイド&写真撮影をして
チップをもらうことで生活しています。
裸足で、日に焼けて真っ黒になりながら。

私も10歳くらいの男の子に声を掛けられました。
写真スポットに連れて行ってくれ、数枚写真を撮ってくれました。

バイヨンでは観世音菩薩さまとの鼻&鼻のキス写真が定番のようです。

ありがとう。ひとり旅だと自分の写真は撮れないから、うれしいよ。
カメラを返してもらいながら、チップを要求されるのを待っていたら…、
彼が欲しがったのはチップではなく ペン でした。

ハッとさせられました…。そうだよね、勉強したいんだよね…。
なんだかとっても胸が苦しくなりました。

「ごめんね、いまペンを持っていないんだ」 と言ったときのがっかりした表情が
忘れられません。

成田空港で配ってた粗品のボールペン、もらっておくんだったと後悔。
もしまたカンボジアに来ることがあったら、
その時にはたくさん勉強道具を持ってきてあげるね。

essential-line

essential-line

essential-line

カンボジアの遺跡は、
もともと仏経寺院として建てられたものが
その後ヒンズー教の寺院に改造されたため、
ブッダを表す彫刻や仏像はその時に全て破壊されました。

しかし現在は9割の国民が仏教徒。
ふたたび仏教の国となり、遺跡には仏像が運び込まれ、
祀られています。

仏像の傍らには、仏像を守る人がいて
常にお線香を絶やしません。

小さな仏像を守っていたおばちゃま ふたり。
私がお線香をあげさせてもらうと
「あなたは可愛いから写真を撮ってあげる」 と。
わー。 ありがとうございます。

← おばちゃま、笑顔がかわいい!

essential-line

ここに座って! こっち向いて! 顔はもっと上向き! など
いろいろな指示をしながら
カメラの液晶を見て きゃっきゃ きゃっきゃ している
おばちゃまふたり。

シャッターを切っては
「きゃー可愛い!」 「きゃービューティフル!」 と
盛り上がっています。
仏像の前でこんなに騒いでいいのかい?と
ちょっと笑ってしまいました。

やっぱり、どうも私の顔はカンボジア人好みのようです。
こんなにモテモテなのは生まれて初めてなので、
恥ずかしいけど ちょっとうれしい◎

← おばちゃまカメラマン自信作、
  観世音菩薩にチュ❤の写真

私なんかより、はしゃぎまくるおばちゃまたちの方が
ずっとかわいかったです◎

essential-line

essential-line

essential-line


バイヨンを大満喫。
隅々まで ゆっくりじっくり見て回りました。
何を見ても
「はー…、すごいなぁ…」 という言葉しか出て来ません。

幸せと感動のため息 をたくさんついて
ブッダにお線香をあげて、ここに来れたお礼をして、
次の目的地へ。


勝利の門をトゥクトゥクでくぐり、タプロームへ。






essential-line

ここも人気の遺跡のため、
たくさんの観光客がいます。
次から次へと観光客が来るので、
人がいない瞬間を写真に収めるのは難しい。

写真を撮るよりも、ゆっくりじっくり見て回り
この場所この時間を堪能しようと
ひとりで見学していると…、
警備員さんから声を掛けられました。

「あなたはビューティフルだから
 私が写真を撮ってあげよう」 と。

もう、本当にモテモテです。
その気になれば、私 カンボジアで
デビューできるかもしれません(笑)

それからは、警備員さんおすすめの
写真スポットへ連れまわされ、
撮影会のような感じに。

私もちょっと調子に乗りモデル気分。

essential-line

essential-line

essential-line

essential-line

essential-line

essential-line

essential-line


持ち上げられて いい気になっていたら…、ちょっと疲れてしまいました。
遺跡を見る暇もなく おススメ写真スポットを早足で移動・写真・移動・写真…。
ありがたいけど、もっとちゃんと遺跡を見たい…。

警備員さんにお礼を言って別れて、そこからは ゆっくりじっくり ひとりで散策。


樹齢300年以上のこの巨木たちは、人の行いをずっと見てきたんだろうな。

人間は自分たちで建てたこの寺院を、戦争を起こして自分たちで破壊した。
そして今また修復しようと汗を流し、見物人が毎日に押し寄せる。

バカだなって思ってる?

あなた方のように、ただただ まっすぐ生きられたらいいのにね。
人間は根っこがないから自由だけど、その分とても欲張りなんだよ。
もっと、もっと、という気持ちが争いを生んでしまう。
あなた方のような そのずっしりした根っこを、
どうか私の心の中にも与えてください。


← 木の根に埋もれた笑顔の仏像


essential-line



タプロームを歩き回り、胸がいっぱいになったら
次は今日の最後の目的地、タソムへ。

カンボジアのこのような森に侵食された遺跡は
映画 「天空の城 ラピュタ」 のモデルになったと言われています。


ここも遺跡の上に木々が宿り、
緻密に組まれた石材と彫刻に太い根が絡み付いています。


突然のスコールで、ひとり この門の中で過ごした時間が
とても神聖で神秘的でした。

雨の音に包まれる、土と石と森と私。
私を雨から守ってくれているのは、観世音菩薩の四面仏。
今がいつで、ここがどこなのかわからなくなるような不思議な感覚。
雨は音と共に地に吸い込まれ、みずみずしい空気が辺りを満たすと
夢から覚めたような重みが戻ってきます。

スコールがくれたこの数分は私の宝物になりました。

essential-line

essential-line

essential-line

essential-line

left,essential-line

essential-line


たっぷりと満たされたような気分になって、散策終了。
トゥクトゥクでホテルに戻ります。 途中でガソリンを補充。
ガソリンは屋台でボトルに入れられて売られています。
だ、大丈夫? 日本ではガソリンをポリ容器に入れるの禁止だけどな…。

明るいうちに帰れたので、
オールドマーケットへ買い物に行くことに。

今回の旅で初めてのショッピングだったのだけど、
その熱気、密集、煩雑、底知れぬパワーに圧倒され、
大した買い物もせずに敗退…。

essential-line

まぁ特に欲しいものも
見つからなかったので、
近くのカフェで
カンボジアスイーツを食べて
ホテルへ戻りました。

ココナッツミルクをかけた緑豆に
かき氷&練乳を乗せたものと
蓮の実茶。
明日は遠出するので、
早く寝ようっと。   【つづく】

essential-line
essential-line

essential-line


コメント


認証コード(5027)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional