山岳ガイド 佐藤勇介のブログです。

FrontPage/2013-06-25

Top / FrontPage / 2013-06-25

Tag: のっぽ カンボジア

のっぽ カンボジア ひとり旅(4)  


essential-line

今日はちょっと遠くの遺跡まで車でお出かけです。
朝の街は大混雑。 屋台の前には人だかり。
自転車や2人乗り、3人乗り、4人乗り!したバイクが
あふれています。

left,essential-line
途中、スタンドでガソリン補充。 ガソリンスタンドはポリタンクが散らかってます。
1リットル 1ドル でした。 日本より安いけど、物価の安いカンボジアにしては高い印象があります。

essential-line


まずはプノンクーレンへ。

街を抜けると、どこまでも続く平原。
走っても走っても、広い平原が続きます。

ここへ行きたいとホテルのスタッフに相談したとき、
彼はあまりいい顔をしませんでした。 なぜ?

その理由は来てみてわかりました。

片道2時間の道のりの半分以上が
凄まじい悪路だったのです…。
未舗装の道は穴だらけ。
底の見えない赤茶色の水たまりが次々現れます。

それでも平原を走っているうちはまだ良かった…。
山道に入ると、車が横転するんじゃないかというくらいの
激しいドライブとなりました。

essential-line

essential-line

essential-line

essential-line
途中、農家の露店でドライバーさんがスイカを購入。                              あの山の頂上を目指します。
奥さんへのお土産に5玉くらい買っていました。そして私にも皮をむいてくださいました。
みずみずしくて美味しい。でも…。
悪路走行中なのです。 ぐらん ぐらん 揺れる車内で食べるのは必死。 いろんな筋肉使いました。

essential-line


1時間以上の悪路走行、
スイカに手をふさがれ全身で踏ん張りながらのドライブの末
到着したのはプリアアントンと呼ばれる涅槃像がいる寺院。

ここは観光客がほとんどおらず、
参拝しているのは地元の人ばかりでした。
有名遺跡はチップを欲しがる子供たちばかりだけど、
ここの子供たちは外国人の私が珍しいのか
ハローと言って手を振ってくれて
とっても可愛らしかったなぁ◎


涅槃像への参拝を終え、近くのリンガ・ムイポアンへ。
ここは川の中にヒンズー教のご神体、リンガヨニ
彫られている場所。
リンガヨニの上を流れた水は、聖なる水となります。

essential-line

essential-line

essential-line



そしてこの川の下流には、
すーーーーっごく大きな滝!

すごい! この水量! この落差!

いままで見た滝の中で、
ナンバーワンの迫力!

しぶきがキラキラ輝いて宝石みたい。
滝の裏には南国の植物たち。

水着があったら泳ぎたかった!


この滝は本当にすごいです。

どんな悪路でも
見に来る価値あります。
来てよかった!



essential-line

essential-line

essential-line


1時間以上の悪路を引き返し、
次に向かったのはクバールスピアン

ここは入り口から遺跡まで、1.5km ほど歩かないとならないので
その前に手前の屋台で腹ごしらえ。

すると、クバールスピアンから帰ってきた男性が
隣のテーブルに座りました。かなりお疲れの様子です。
日本人でした。私が日本人だとわかると、
「めっちゃ遠いっすよ。めっちゃ険しいし、めっちゃ疲れますよ」 と。

その疲労困憊の様子からも、過酷な道中がうかがえます…。
でもここまで来たんだから行くしかない!


覚悟して行ってみると…、普通の登山道でした。

しかしこれは事前の 「めっちゃ疲れますよ情報」 のおかげ。
これがなかったら、私も相当 ひーひー 言っていたはずです。
あの日本人男性に感謝です。


この登山道、一歩外へ出るとそこは地雷地帯。
絶対に道を外れてはいけません。

essential-line

essential-line

essential-line

essential-line

essential-line


40分の登山ののち、
たどり着いたのは聖地クバールスピアン

ここは沢の岩にヒンズー教の神々が彫られています。
さらに沢の上流へ進もうとしたら、
おじさんに声を掛けられました。
その先は行ったらだめだと。

おじさんに誘導されて引き返します。
おじさんの右手は義手でした。

その後、ずっと遺跡を案内してくれたおじさん。
ひとりだったら絶対気づかないような隠れた彫刻や
川底の彫刻、洞窟内の古代の壁画など教えてくれました。




essential-line


最後におじさんが撮ってくれた写真。
左手で、一生懸命シャッターをきってくれました。
ありがとうございました。


1.5km の山道を戻り、ドライバーさんと合流。
暑い中待っていてくれていつもありがとう。
さて、ホテルへ戻りましょう。

車の中でドライバーさんが、
「どこか寄りたいところはあるかい?」 と
声を掛けてくれました。

わぁ。 じゃぁ大好きなバイヨンにもう一度行きたい◎

ちょっと遠回りだけどOKしてくれました。
閉門までの30分間、人の少ない夕暮れのバイヨン
静かに見て回りました。

essential-line

essential-line

essential-line

essential-line

essential-line

バイヨンを3日間満喫。ありがとうございました。


帰り道、アンコールワットスラスランなどの水辺では、
たくさんの人がピクニックをしています。

カンボジアでは、夕刻からこうして
家族、友人、恋人などとピクニックをするのが
習慣なんだそうです。
屋台の料理とビールで。

毎日夕刻になるとこの一帯は
日本のお花見のようなほのぼのした雰囲気になります。

いいなぁ。





ホテルへ戻ると、スタッフの男の子が夕食に誘ってくれました。 ありがとう◎ では遠慮なくいただきます。

スタッフたちとまかないご飯。
今日のおかずは もやし・パプリカ・ピーナッツなどを魚醤で和えたサラダ と
雷魚と筍と青菜のスープ、豚肉とカリフラワーのしょう油炒め、でした。
クメール料理はタイ料理のように辛くはなく、薄味で日本人好み。どれもとっても美味しかった。
サラダの作り方を教えてもらいました。

食事をしながらおしゃべり。 恋愛話から政治や第二次世界大戦の話まで。 楽しかったー。
そして、
「明日はプレビヒアへ行くんでしょ?」 とお料理担当の男の子。
「そうだよ」
「僕も行っていいですか?」  「…うん、いいよ」
「僕も行っていいですか?」 とボーイの男の子。 「うん、いいよ」
「僕も行っていいですか?」 と受付の男の子。 「おぉ!いいよ!」

ということは何人になるの???
ドライーバーを含めて5人とのこと。 ひとり旅が5人旅に!

わー! 明日は大ツアーだ!   【つづく】


コメント


認証コード(0095)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional